アザレンカが子供の養育権の争いの渦中で全米オープン出場を断念

写真拡大

 全豪オープン優勝歴2回のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が、子供の父親との養育権の争いを解決することができなかったため、全米オープン出場を取り消した。28歳のアザレンカは昨年12月に初めての子供を出産し、今年の6月にツアーに戻った。彼女は先週、ツイッターへの長い投稿の中で、息子をニューヨークに連れてくることができないかもしれないと言い、息子の父親との争いについての詳細を説明していた。

「悲しいことに、私が現在乗り越えようと取り組んでいる継続中の家族の問題のため、今年の全米オープンに出場することはできない」とアザレンカは声明文の中で言った。

 先週の投稿でアザレンカは、ウィンブルドンの少しあとに息子レオの父親と別れたことを明かしていた。彼女は7月10日、ウィンブルドンの4回戦でシモナ・ハレプ(ルーマニア)に敗れていた。

「私たちは法的なプロセスを解決するため努力している最中であり、今のところ、私が全米オープンでプレーするための唯一の方法は、レオをカリフォルニアに残していくことだけ」と、その際にアザレンカは書いていた。「そして私はそんなことをしたいと思っていない」。

 アザレンカはウィンブルドン以来、プレーしておらず、元ナンバーワンは今や204位にまでランキングを落としている。アザレンカは2012年と2013年に全米オープンで準優勝しており、この双方の決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に敗れていた。

 また、アザレンカが、オーストラリアで2度グランドスラムのシングルス・タイトルを獲った年月もあった。

 やはり初子を身ごもっているセレナも、今年の全米オープンでプレーしないことになっている。

 男子に目を向けると、トップ10のうち3人が故障のために、今季最後のグランドスラム大会を棄権した。その3人とは、前年度覇者のスタン・ワウリンカ(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、そして錦織圭(日清食品)だ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は、家族の問題により「全米オープン」出場を取りやめたビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)(写真◎Getty Images)
Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Victoria Azarenka of Belarus plays a backhand during the Ladies Singles first round match against Catherine Bellis of The United States on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2017 in London, England. (Photo by Michael Steele/Getty Images)