韓国のインターネット掲示板に「週末に彼女の両親に会います。ああ緊張する」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーたちが若者に声援を送っている。写真はソウルの古宮・景福宮の光化門。

写真拡大

韓国のインターネット掲示板に「週末に彼女の両親に会います。ああ緊張する」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーたちが若者に声援を送っている。

地方都市在住の「田舎者」と名乗るスレッド主。交際中の彼女が日本人だそうで、週末に彼女の両親が韓国に遊びに来るため、ソウルをガイドすることになったという。母親が韓国人、父親が日本人という彼女の両親に会うのは初めてということもあり、「丁寧で控えめな感じがいいかな?それともハキハキと親しみやすい方がいい?」とかなり緊張、どういう態度で接するべきかに悩んでいるようだ。また、日本語がまったくできないため初級の本を買って付け焼き刃で覚えているというが、「全然頭に入ってこない」と吐露。とにかくソウルでは代表的な名所とされる「景福宮(キョンボックン)と南山(ナムサン)タワーは絶対行くべきだよね?」とつづった。

相談を持ち掛けられたネットユーザーたちからは、「初対面なら礼儀正しく」「言葉数は少なく、丁寧に。これを嫌がる大人はいないさ」「ファイト!日本人の特性を考えると、丁寧で控えめがいいと思うよ」「日本人の礼儀に合わせ過ぎず、親近感を持って、同性の友達の両親をガイドすると考えるのがいいんじゃないかな」「韓国人のお母さんには親しげに、日本人のお父さんには礼儀正しく、というのは難しい?とにかくビクビクだけはしないように」と助言が寄せられている。

また、「日本人は韓国のように『家と家の結婚』という感じが強くないから、娘が好きな人ならかわいがってくれると思う」といった声援も。

一方、スレッド主が日本語を話せないことについては、「一つも日本語ができないのに日本人の彼女と付き合ってるのか?」とやや冷たい声も上がったが、「言語コミュニケーションが円滑じゃないのは、かえって緊張緩和の効果がある」と勇気づけるユーザーもいた。

さらに、案内すべきスポットについては「景福宮を過ぎて少し行くと西大門(ソデムン)刑務所(日本統治時代に独立運動家らを収監した施設。現在は歴史博物館)があるよ」「独立記念館にもぜひ一度行ってみて」など、日韓の歴史に関する施設を推す声が複数あった。(翻訳・編集/松村)