9月のお得な優待銘柄――厳選12本勝負

写真拡大

今や上場企業の30%以上が実施している株主優待。ブームが続きその優待品も多岐に渡るなか、“本当に得する”優待銘柄を達人が厳選ピックアップ!彼らが銘柄を選ぶ際の基準、狙い目など“優待戦術”についてもまとめているので、要チェック!

◆【9月】銘柄が多いからこそ早めに計画を立てよ!

 3月に次いで優待銘柄が多い9月。だからこそ選ばれた銘柄は本当におトクなものばかり。どれも人気の銘柄なので、早めに計画を立てておくことをオススメする。

●ヤマウラ(東1・1780)

長野県拠点のゼネコン。100株で長野県の名産品群から3000円相当を1商品選べる。「10万円未満の投資で地元の名産品はありがたい。お店で見かけないものが多くて、選ぶのも迷います」(人気優待ブロガーのともさん氏)

株価:790円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:0.63%
優待利回り:3.79%
PER/PBR:17.69倍/1.25倍
優待対象最低投資額:7万9000円

●日信工業(東1・7230)

ホンダが筆頭株主かつ主要取引先の、二輪・四輪車用部品メーカー。「年に2回届くロースハムがおいしい銘柄。株主優待の権利には300株が必要ですが、優良株なので長期で保有する覚悟があればオススメです」(ともさん氏)

株価:1795円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:2.52%
優待利回り:0.56%
PER/PBR:23.21倍/0.78倍
優待対象最低投資額:53万8500円

⇒【写真】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=145265

●日本管財(東1・2809)

全国に拠点をもつビル・建物総合管理会社。100株以上で年2回の2000円相当カタログギフト。「3年以上保有すると3000円相当のカタログギフトにグレードアップしますので、長期保有がオススメ」(ともさん氏)

株価 1842円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:2.26%
優待利回り:2.17%
PER/PBR:14.89倍/1.60倍
優待対象最低投資額:18万4200円

●アトム(東2・7412)
「ステーキの宮」「にぎりの徳兵衛」などの飲食店を中部、東北、北関東で展開。100株以上で優待ポイントが2000円分付与される。「優待利回りが5.45%と高く魅力的。1円単位で利用できるのも○」(アナリストの谷山歩氏)

株価 734円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:0.27%
優待利回り:5.45%
PER/PBR:241.91倍/11.45倍
優待対象最低投資額:7万3400円

●ヒロセ通商(JQ・7185)

オリコン日本顧客満足度ランキング3年連続1位のFX(外国為替証拠金取引)の会社。「100株以上で、カレーやパスタなど自社キャンペーン商品1万円相当が届きます。非常に高い利回りが魅力的ですね」(谷山歩氏)

株価:1674円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:-.-%
優待利回り:5.97%
PER/PBR:-倍/2.04倍
優待対象最低投資額:16万7400円

●マルコ(東2・9980)

女性用補整下着などの開発・販売を行う。100株以上でマルコ20%割引券1枚、「RIZAP」グループ商品 2000円相当をカタログから選べる。「先日内容が拡充されたばかり。優待利回りの高さが魅力的」(谷山歩氏)

株価:316円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:-.-%
優待利回り:5.45%
PER/PBR:23.78倍/3.23倍
優待対象最低投資額:3万1600円

●コロワイド(東1・7616)

「牛角」「温野菜」など国内外で2500店舗を展開。500株以上で1万円相当の優待ポイントを年4回付与。「500株保有する必要がありますが、1円単位で使えるポイント制で4万円分はかなり重宝します」(有名優待ブロガーのぱんだ氏)

株価:1870円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:0.27%
優待利回り:4.27%
PER/PBR:47.25倍/4.98倍
優待対象最低投資額:93万5000円

●共立メンテナンス(東1・9616)

学生寮、社員寮の運営管理のほかビジネスホテル、リゾートホテルなども全国展開。100株以上で優待券3000円分、自社リゾートホテル3割引優待券が2枚。「ホテルだけでなく飲食店でも使えるので便利」(ぱんだ氏)

株価:3210円
単元株数:100株
優待月:9月末、3月末
配当利回り:1.12%
優待利回り:-.-%
PER/PBR:15.57倍/1.94倍
優待対象最低投資額:32万1000円

●極楽湯ホールディングス(JQ・2340)
店舗数日本一の入浴施設「極楽湯」を展開。100株以上保有した状態での株主名簿への記録連続2回で無料入浴券4枚、連続3回以上で5枚。「半年以上は保有する必要がありますが、希少な“癒し”の優待です」(ぱんだ氏)

株価:819円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:0.73%
優待利回り:-.-%
PER/PBR:58.14倍/2.17倍
優待対象最低投資額:8万1900円

●八洲電機(東1・3153)

電気機械器具部品の製造、修理、販売などを手がける。100株以上でジェフグルメカード500円分、200株以上で2000円分もらえる。「利用できる店舗数の多いジェフグルメカードの優待は貴重」(“カリスマ優待主婦”と呼ばれる夕刊マダム氏)

株価:695円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:2.31%
優待利回り:1.44%
PER/PBR:8.25倍/0.89倍
優待対象最低投資額:6万9500円

●フォーシーズホールディングス(東2・3726)

基礎化粧品や健康食品の通販を手がける。100株以上で子会社であるフェブリナ、サイエンスボーテそれぞれで使える優待券5000円分ずつ計1万円分がもらえる。「この値段で1万円分は豪華すぎる」(夕刊マダム氏)

株価:358円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:-.-%
優待利回り:27.93%
PER/PBR:24.52倍/1.84倍
優待対象最低投資額:3万5800円

●ディア・ライフ(東1・3245)

都内マンション開発のリアルエステート事業、不動産業での人材派遣業、などを手がける。100株以上で1000円分のクオカードがもらえる。「3万円台でクオカード1000円分はコスパ◎です!」(夕刊マダム氏)

株価:390円
単元株数:100株
優待月:9月末
配当利回り:3.86%
優待利回り:2.56%
PER/PBR:10.70倍/2.21倍
優待対象最低投資額:3万9000円

◆長期保有が基本 安定企業を見抜く!

 昼間はサラリーマンとして働いているので、専業投資家のように1日ごとの値動きに一喜一憂してられません。ですので私は“買ったら基本ほったらかし”の長期レンジでの投資がメイン。

 利回りが低くても長期的に見ればただ預金しておくよりは利益が出ますし、「そのうえで優待まで届くなんて素敵だなぁ」というスタンスです。もちろん長期保有するなら安定した銘柄を選ぶことがマスト。

 その基準は企業が提供するモノ・サービスの価格が長期で見て下落していないかどうかです。

 日用品や衣服、医療メーカーなど、人々の生活に必須なモノやサービスを提供する企業は安定している印象です。(ぱんだ氏)

【ぱんだ氏】
ブログ「ぱんだの株主優待生活」が人気の優待ブロガー。昼は会社員として働きながらコツコツ投資先を増やしている

取材・文/城戸和弘 大格宗一郎(本誌)
― 優待株ならコレを狙え!(得)ガイド ―