北海道はエアコン無し!夏場を乗り切る方法

北海道と言えば夏も涼しく湿度も低いというイメージですが、近年では国内で最高気温を出す日もあるほど夏の気温が上昇しています。しかし、夜は涼しくなりやすいので我慢は日中だけと言うこともあり、エアコンの普及率はなかなか上がりません。

エアコンの普及率が高い本州と比べて、北海道の方が犬に暑さ対策が必要なのです。また、北海道の家は断熱性に優れている造りなので家の中の熱が逃げづらく、一度家の中が暖まってしまうといくら夜になって気温が下がっても室温がなかなか下がってくれません。

寝苦しい夜は犬にとっても同じであり、犬は暑さで夏バテも起こします。このような理由からも夏場に犬が熱中症になってしまう事が北海道で増えてきています。

犬の暑さ対策で扇風機を使う場合

エアコンが無い家でも扇風機ならあるという家が多いでしょう。扇風機ならエアコンと比べても価格がかなりリーズナブルですし、無ければすぐに買ってくることもできます。どうしても高い気温が続くと、北海道の家の構造上室内に籠った熱がなかなか逃げてくれず、下手をすると一晩中熱い思いをしなくてはなりません。

暑いのはもちろん犬も一緒なので、扇風機で効率よく暑さ対策できる方法をお教えします。扇風機は体に風を当てる事で皮膚上に溜まった状態になっている熱を流し、涼しさを感じさせてくれています。しかし、犬の場合は被毛に覆われているのでなかなか皮膚にまで風が伝わりにくく、扇風機は犬にあまり効果的では無いと言われています。

しかし、少し被毛の中の皮膚に当たるよう霧吹きなどを利用して濡らしてあげる事で、扇風機の効果がとても高まります。もちろんビショビショに濡らしてしまってずっと扇風機に当てるのは、お風呂上がりの長時間の扇風機が体に悪いのと一緒で犬の身体にも良いとは言えません。少しずつ濡らし、風で乾いたらまた濡らしてあげる事で暑さを凌ぐ方法となります。

ペットボトルで簡単に作れる犬の暑さ対策グッズ

犬の暑さ対策には、冷たいマットや首回りを冷やしてあげるバンダナなど、暑さに弱い犬向けに様々なものが揃っています。もちろんそういった市販のグッズを使用するのもおすすめですが、もっと手軽にお金もかけず簡単に自分で作る事ができるんです。

用意するのは水を入れたペットボトルと薄手のタオル1枚だけ。水を入れたペットボトルを冷凍庫に入れて凍らせて、それをタオルで巻いてワンちゃんのところに置いてあげましょう。心地よい冷気がペットボトルから出てくるので、それに気が付いたワンちゃんはきっと大喜び!いくつか作ってお留守番の時にケージの中に入れてあげれば、日中エアコンの無い北海道の室内でも安心ですね。

0円で出来る犬の暑さ対策!

家の中の涼しい場所を見つける

犬のケージはどこに置いているでしょうか。愛犬の居場所として選択するならば、犬にとって快適な場所に置いていると思います。でも、一年通して常に快適な場所と言うのはなかなか無く、季節によってケージの場所を移動してあげる事も必要かもしれません。

北海道の場合、冬が重視されて日差しの注ぐ暖かい場所に犬の居場所を設定してしまいがちですが、それでは今度夏が暑くて可哀想。そこで、家中の温度を測ってみる事をおすすめします。ちなみに我が家は2階建ての一軒家、もちろんエアコン無しです。

測ってみるとリビングと玄関前のフロアでは2度も違い、玄関前のフロアが家の中で一番涼しい事が分かりました。真夏に家の中で2度の温度差はかなり大きいと思いますので、少しでもワンちゃんのケージを涼しい環境に置きたいと考えるのであれば、早速涼しい部屋や場所はどこか実際に測って探してみましょう。

我が家で実践している暑さ対策

扇風機が良いか冷風扇が良いか

以前、暑い日は氷を与えると美味しそうに食べていたので続けていましたが、調べてみると氷は犬の胃腸に良く無いという事が書かれていたのでやめました。飲み物や食べ物であまり冷たいものを与えると、お腹をこわしてしまう恐れがあるそうです。

暑さ凌ぎをするのであれば、とにかく体を冷やしてやることが一番です。うちの犬は、扇風機に効果が無いと言われている割りには、夏の暑い日は扇風機の傍から離れずにじっと風に当たっているので、あながち効果が無いとは言えないと思っています。でも、本当に暑くなってしまうと扇風機の生暖かい風では効果を得づらくなってしまいます。そこで、冷風扇を購入してみました。

扇風機よりも冷たい風をと思い、氷と水をセットして様子を見ましたがあまり涼しい感じは無く、風もソフトなので扇風機に比べるとぼやけた涼しさとでも言うのでしょうか。また、水で冷やして風を冷たくするという構造のせいか、狭い部屋で使用すると湿度が上がり蒸し暑く感じるようになりました。

冷たいおしぼり一枚でクールダウン

蒸し暑さは犬には最も苦手な状態。では扇風機の風で更に涼しく感じさせることができる方法は?と考えた時に、冷たく濡らしたおしぼりを背中に広げて置いてやり、扇風機に当てたらどうなるか?

見事この方法が的中したようで、犬たちは嫌がりもせず気持ち良さそうにおしぼりを載せたままにして扇風機に当たっています。少し時間が経ったら取ってやり、また冷たくして置いてやるの繰り返しで、暑さ対策をしてやることができました。

犬の夏対策はネットで調べても色々出てきますが、うちの犬のように冷却グッズに興味を示さない場合には、積極的に体を冷やしてやらなければなりません。エアコンで部屋の温度をコントロールできない我が家の場合、最も効果的なのは濡れたおしぼりと扇風機でした。

留守の間も扇風機は首振りで付けっ放しにし、かつ窓も開けて行きます。常に新鮮な水を飲めるようにしておく事と、できるだけ涼しい部屋にケージを置くことも心がけています。

留守中が要注意

北海道でもエアコンの無い室内で窓を閉め切って外出してしまうと、犬が熱中症になる恐れがあります。北海道は朝や晩の気温が低いので、昼間の気温を甘く考えがち。留守中に犬が熱中症になってしまうケースが北海道ではとても多いのです。

留守番をさせるのであれば、間接的に風が当たるように扇風機を使ったり、冷却グッズを置くなどしたりして留守中でも快適に過ごす事ができる環境を整えてあげる必要があります。

暑さだけでは無い!夏対策

夏に暑さ対策をするとなると、風通しを良くしてあげなければならないので当然窓を開けておかなくてはなりません。では留守にする時はどうするの?ここでとっておきの方法をご紹介します。

留守の時の夏対策

私は朝から昼過ぎまでパートをしているので、2匹をケージに入れて出かけます。午後2時には帰宅するので、究極に暑くなるまでには帰宅する事ができますが、それでも家の窓を閉めて行くのは犬にとっては可哀想。2階に置いて1階の窓を閉めておけばまだ安全と感じるかもしれませんが、その2階は1階より早く室温が上がってしまいます。

昼にはかなり暑くなってしまう事もあるので、真夏の暑い日は1階にケージを移動して涼しい部屋に置いていきます。そこで、問題なのが防犯対策です。我が家の犬は番犬並みに他人が入って来ると吠えるので、ケージから出しておくと泥棒の心配がいらないと思っていますが、留守番の間にケージに入れなくてはならないので番犬効果は薄れてしまいます。

真昼間に窓から泥棒が入って来る事は殆ど無いとは思いますが、それでも対策はしておかなくてはなりません。我が家の夏の防犯対策は、通りから見えやすい窓を開けるようにし、裏側など人の目に付かないところの窓は開けていかない。もちろんリビングの大きな窓も開けません。

あくまでも、泥棒が入るとすればよじ登らなければならないような窓しか開けず、その他は施錠します。レースのカーテンは必ずして、家の中は見えないようにしますが、更にラジオから音を出して行きます。家は留守では無いという演出をし、真夏でも窓を閉め切らずに留守番させられるように工夫しています。そして、私の場合はもちろん、現金やカード印鑑通帳など、盗まれて困るものは全て持って出かけます。

まとめ

ここ数年、北海道で犬の暑さ対策は必須の時代になっています。温もり重視の家づくりが基本となっている北海道の住宅で、日中の高温により家の中が夜になっても涼しくならず、暑さに弱い犬には相当堪えます。

扇風機はただ風を当てるだけではあまり効果が得られませんが、少し体を濡らしてあげるなど気化を利用する事で暑さ対策になったり、暑さを凌げる簡単に作れるグッズもご紹介しました。ここに書いた記事を参考にして、北海道の暑い夏を乗り切りましょう。