2017年8月20日、北海道の新千歳空港発の飛行機に、出発が1時間遅れるというトラブルが発生。

長時間待たされた乗客は、かなりのストレスを感じていました。

ところが、待ちくたびれた乗客の元に流れてきた機内放送は、場違いともいえる音声でした。

たまたま、松山千春が乗り合わせていた!

その便には、歌手の松山千春さんが乗り合わせていたのです。

松山さんは、機内放送を利用して代表曲『大空と大地の中で』の1フレーズを披露!

歌い終えると、松山さんは「皆さんのご旅行が、また、これからの人生が素晴らしいことをお祈りします。もう少し、お待ちください」と、ひと言。

それまでピリピリとしていた機内は、一気に拍手でわき上がりました。

この様子をTwitterに投稿した@FlturOrQP6PMXj6さんは、こうコメントしています。

「機内で1時間近く待たされてましたが、一気にそんなことを忘れました」

松山さんも、もちろん乗客の1人。彼自身が待たされていた側であるにも関わらず、機内の人々のことを思っての行動だったようです。

Twitterに投稿されたエピソードを知った多くの人が「感動した!」「素晴らしい」と称賛の声を挙げました。

投稿者さんと同様に、「待たされたことを忘れるほどのサプライズだった!」とほかの多くの乗客を喜ばせたに違いありません!

[文・構成/grape編集部]