バルサが獲得狙うニース所属セリ

写真拡大

ニース所属のジャン・ミシェル・セリ獲得はFCバルセロナが当初予想していたよりも難しいかもしれない。
バルサは選手と4年契約で合意したが、ニースは選手の契約解除金4,000万ユーロ(約51億円)を拒否した。

【関連記事:チャビ2世 バルサ移籍“OK”】

『L’Equipe』によると、4,000万ユーロの契約解除金は7月15日に切れており、セリは今は4,000万ユーロ以上の価値であり、値段は付けられていないと、バルサはニースに伝えられたという。ニースはバルサがセリを渇望していて時間が残りわずかであることを分かっている。

選択肢は2つのようであり、バルサが選手獲得のために交渉をするか、コートジポワール代表のために支払う最大金額が4,000万ユーロと設定するかである。
セリにはPSGとアーセナルも興味を持っている。

今週はバルサにとって忙しい週となっている。バルサは現在、スターティングメンバー級の2、3選手の獲得の最終段階である。