バルサの第一優先であるコウチーニョ

写真拡大

フィリペ・コウチーニョはまだFCバルセロナの選手でないが、バルサとリバプールの選手は契約が締結されると自信に満ち溢れている。
バルサは改めてコウチーニョ獲得が第一優先であると表明した。

【関連記事:パウリーニョ お荷物と練習】

リバプールもまた移籍交渉にプレイヤーとして参加しており、選手の移籍金を上げれるところまで上げようと、バルサのテンションが上がることを望んでいる。最近の2クラブ間での会合を経た後、最近はリバプールがプレミアリーグ開幕とチャンピオンズリーグのプレーオフに集中しているため、交渉スピードが遅くなっている。

バルサはリバプールのチャンピオンズリーグのプレーオフ1次ラウンド2ndレグが終わった後に合意に至るための交渉の場を設けることを望んでいる。