イタリアのイスキア島で、地震の被害者が救助される様子(2017年8月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)イタリアのナポリ(Napoli)湾に浮かぶ人気観光地イスキア(Ischia)島が21日、マグニチュード(M)4.0の地震に見舞われ、建物の損壊によって少なくとも1人が死亡、1人が行方不明になっている。イタリアは観光シーズンがピークを迎えており、地震発生当時、飲食店などは客でにぎわっていたという。

 島北部のカザミッチョラ(Casamicciola)で教会からの落下物の直撃を受けて女性1人が死亡。他にも約25人が軽傷を負った。

 地震は21日午後8時57分(日本時間22日午前3時57分)に発生。消防隊はツイッター(Twitter)で島内の複数の建物が損壊もしくは倒壊したと発表。島唯一の病院も被害を受け、一部の人が避難を余儀なくされたという。

 現地にいた人たちのツイートによれば、地震発生当時、飲食店は客で混み合い、多くの小売店も営業していたという。

 イスキア島はこれまでも頻繁に地震に襲われており、1883年7月には推定M5.8の地震で2000人余りが犠牲になった。

 昨年8月24日にはイタリア中部でM6.0の地震があり、ラツィオ(Lazio)州の山村アマトリーチェ(Amatrice)村の内外で300人近くが死亡している。
【翻訳編集】AFPBB News