豊胸サプリ「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中(depositphotos.com)

写真拡大

 独立行政法人国民生活センターは「プエラリア・ミリフィカ」という植物成分を含むサプリメント(栄養補助食品)による健康被害が急増していることから、『美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう』と警告している。

「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中!

 全国の消費生活センターなどに寄せられた「生理が止まった」「大量の不正出血が起きた」などの健康被害を訴えた女性は、過去5年(2012年4月〜今年4月末日)の合計209件のうち200件が2015年度以降に集中している。

 年代別に見ると、20代が69件、40代が42件、30代が41件、10代が37件。被害の内容は、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器障害76件、皮膚障害59件、月経不順・不正出血33件となっている。

 「プエラリア・ミリフィカ」とは、タイ原産のマメ科の植物で、根に女性ホルモンと同じ働きをする成分を含む。大豆などに含まれるイソフラボンも女性ホルモンと同じ作用があるものの、「プエラリア・ミリフィカ」に含まれる成分の作用はイソフラボンより1000〜1万倍強いという報告がある。

 国民生活センターは「プエラリア・ミリフィカ」の成分を含むサプリ12商品を分析したところ、10商品に女性ホルモンと同じ作用が認められ、うち3商品は身体に悪影響を及ぼす強い副作用がある事実を確認した。

「胸が大きくなる」という誤解や思い込みが広まっている

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所によれば、「プエラリア・ミリフィカ」に含まれる成分は、産地、収穫時期、植物の生育度によって異なるため、女性ホルモンと同じ作用を示すサプリもあれば、女性ホルモンよりも強い作用を示すサプリもある。

 つまり、月経不順や不正出血などの健康被害は、女性ホルモンと同じ作用によって生じたと考えられるため、国民生活センターは、「プエラリア・ミリフィカ」の摂取によってホルモンバランスが崩れるなどの重大なトラブルが発生する恐れがあると強く警告している。

 また、科学的効能を標榜するニセ科学問題に関わってきた京都女子大学の小波秀雄名誉教授によると、女性ホルモン様の物質を含むとされるザクロ、大豆、胎盤エキスなどがブームになってきたが、女子力がアップする、胸が大きくなるなどと誤解や思い込みが広まっていると指摘する。

 さらに、男性への効果は「抜け毛が減る」「若返る」などが挙げられているが、医薬基盤・健康・栄養研究所によれば、豊胸などの目的で服用しても、安全性や有効性のエビデンスほとんどない。

韓国や欧州連合は「プエラリア・ミリフィカ」の使用や販売を禁止

 生理不順が続けば、子宮内膜増殖症や閉経後の子宮内膜がんになるリスクが高まるが、女性ホルモンが減少する更年期の女性なら、摂取しても問題ないだろうか?

 更年期症状が緩和すれば、医師が行う「ホルモン補充療法」と同じ効果が出たといえるが、更年期の女性でも血栓症、子宮内膜がん、乳がんのリスクが高まる事実は変わらない。

 韓国や欧州連合は、「プエラリア・ミリフィカ」の使用や販売を禁止している。原産国タイでは1日摂取量を100mg未満と定めている。しかし、日本ではサプリに使う成分の含有量の規制はない。

妊娠12週以降に、医薬品やサプリを使用した妊婦は、何と68.8%も!

 豊胸サプリ「プエラリア・ミリフィカ」の真偽は五里霧中だが、言うまでもなく、妊婦の摂取は、絶対にご法度に願いたい。妊娠中の医薬品やサプリの摂取に警鐘を強く鳴らす研究があるからだ。

 東北大学大学院医学系研究科環境遺伝医学総合研究センターの小原拓准教授(薬学)と西郡秀和准教授(産科学)らのグループは、約10万人の妊婦を対象に、「日本人妊婦の医薬品・サプリメント使用実態調査」を実施した。

 その結果、妊娠12週以降に医薬品やサプリを使用した妊婦は、68.8%に上る事実が明らかになった(『Pharmacy誌(電子版)』2017年4月10日)。

 このような国内での大規模調査は少ないが、今後、妊娠中の医薬品やサプリの使用が新生児にもたらす影響についての研究が早急に進むように期待したい。

 人生何事も功罪があるように、医薬品もサプリも、功罪がある。とりわけ、妊婦の摂取は熟慮の上、差し控えた方が賢明だろう。
(文=編集部)