リバプールのフェリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナはリバプールに所属するブラジル代表MFフェリッペ・コウチーニョ獲得を断念したようだ。英メディア『スカイ』が報じている。

 これまでバルセロナはコウチーニョ獲得のために何度もオファーを出していた。しかし最後に提示した1億2500万ユーロ(約162億円)という巨額な金額もリバプールによって拒否されたことから獲得は困難と判断したと同メディアは伝えている。

 この結果、現在2022年まで契約を結んでいるコウチーニョは今後もリバプールでプレーすることになりそうだ。一方のバルセロナは新たな選手の獲得に向けて調査を続けている模様だ。

text by 編集部