ザルツブルクの南野拓実【写真:Getty Images】

写真拡大

 ザルツブルクに所属するFW南野拓実は6週間の戦線離脱となるようだ。

 南野は現地時間20日に行われたオーストリア1部リーグ第5節のザンクト・ペルテン戦に先発出場するも41分に膝を痛め負傷交代した。

 オーストリアメディア『antennesalzburg.oe24.at』によると、南野は右膝内側靭帯の部分断裂で全治6週間との診断を受けたようだ。なお、怪我に伴う手術は行わない模様だ。

 今季これまで公式戦9試合で3ゴール1アシストと順調なスタート切った南野だっただけに今回の離脱は本人並びにチームにとっても大きな痛手になるだろう。

text by 編集部