大人から子供まで楽しみながら学べる内容

 8月12日(土)から13日(日)に、極大を迎えるペルセウス座流星群の観測を体験できる、SUBARU WEB COMMUNITY#スバコミ開催の星空オフ会に参加してきました!

 毎年8月12日、13日頃を中心に活動するペルセウス座流星群。出現する流星の数が多く、目視でも確認できるのが魅力の1つです。

 今回のオフ会では、この流星群の鑑賞のほかに、星のソムリエ®による「”SUBARU”と”すばる”のヒミツ&今夜の星空解説」、「手作り望遠鏡(夏休みの自由研究)」、「月の撮影(時間によっては土星の環撮影)」もプログラムに含まれており、大人から子供まで幅広く楽しめる企画となっていました。

 筆者も流星群の鑑賞や天体観測は初めて。そんなこともあり気合いを入れて、星座柄ワンピースと宇宙柄リュックを装備し、いざ星空の旅へ! 

 応募数は予定していた50組100名を大幅に超える、134組270名にも及び、最終的には41組118名の参加となりました。駐車場に並ぶ車種を見ると、やはりSUVのフォレスターや、ステーションワゴンのレヴォーグなど、荷物を積んで遊べるクルマが多かったのが印象的です。

 流星群鑑賞の前に、少しだけペルセウス座流星群について勉強。ペルセウス座流星群は、冬に観測されるしぶんぎ座流星群とふたご座流星群とともに、3大流星群の1つと言われており、年間1、2位を競う流星数を誇ります。

 2000年近く継続して観測されている歴史ある流星群でもあり、ギリシャ神話に登場する勇者・ペルセウスがモデルになっています。

 ペルセウスは、怪物ゴルゴンの1人、その姿を見た者はあまりの恐ろしさに石になってしまうという「メドゥーサ」の首を討ち取る難題を命ぜられ、冒険へ出ます。さまざまな困難に対峙するも仲間に知恵をもらい、メドゥーサと勇敢に戦い、首を討ち取ることに成功します。

 そしてメドゥーサとの戦闘の帰り道、クジラのような海の怪物・ティアマトに襲われていたエチオピア国の姫・アンドロメダを見事に救出します。その後2人はめでたく結ばれ、ペルセウスの功績は称えられ、夫婦で天上に昇り星座になることが許されたのです。

 そうして誕生したのが、このペルセウス座。右手には剣、左手にはメドューサの首を持っています。ペルセウス座で最も有名な恒星・アルゴル(悪鬼を意味する)はちょうどメドューサの目の辺りに見られます。

スバルの名に隠された意味とは?

 今回のオフ会では、ミッションが課されていて、クリアするとハンコがもらえます。全クリアをすると、星のソムリエ®公認の星空皆伝書をゲットできるという趣向。まずはミッション0『木星を発見せよ!』

 木星は夏のポールポジションなのだそう。夏の夜空に輝く一番星の木星。時間は18時過ぎ、少し薄暗いなか、みんなで見つけようと、夜空を見上げるも、雲が多く、星はまだ見えませんでした。

 いやいや、必ず見えるぞと空の機嫌が直るのを待ちながら、天体望遠鏡メーカーVixen(ビクセン)の星のソムリエ®である重信修さんの星空クイズや星の豆知識を楽しみました。

 なんと木星は地球の11倍の大きさ! しかも、ほとんどメタンガス(ほぼオナラとのこと!)でできた星だそうです。

 クイズタイムを楽しんでいると、どこからか「あっ! 見えた!!」との声が。ありました。曇空のなかにキラリと輝く一番星の木星。指をさし星を眺める方、写真を撮る方や作ったばかりの手作り望遠鏡を覗くお子さんなどの姿が見られました。

 ミッションはこの他にも、「土星の環」を見たり、3つの星座をつなげて出来る「夏の大三角」や、「北斗七星」を見つけたりするものがありました。

 残念ながら星を確認することはできませんでしたが、それぞれに関する知識を重信さんがおもしろおかしく解説してくれ、大人からも、思わず感心する声が聞こえて来ました。

 もちろん、今回はSUBARUのオフ会。星と深い関係のあるSUBARUですが、エンブレムに星のデザインが使われているのはみなさんご存知ですよね?

 この星は「六連星(むつらぼし)」と呼ばれていて別名「すばる」、漢名を「昴(ぼう)」、洋名を「プレアデス星団」といいます。

 富士重工業、現SUBARUは5つの会社が1つに統合された会社ですが、1つにまとまることを、「統(す)べる」「統(す)ばる」といい、その言葉ともかけて「スバル」とクルマや会社名が命名されたそうです。エンブレムの六連星は富士重工業と5つの会社が1つになったことを示すデザインなのです。ギリシャ神話のなかで、プレアデスは7姉妹として登場します。7姉妹の名前は、マイア、エレクトラ、タイゲタ、アルキオネ、ケラエノ、アステローペ、メローペ。どこかで聞いたことあるような名前があると思いませんか?

 タイゲタ以外はスバル車やスバルに関係する商品名として使用されているんです。例として1番輝いてる星アルキオネは「アルシオーネ」です。 

 さて、プログラムの1つの手作り望遠鏡体験では、親子で相談したり協力したりしながら、世界に1つだけのオリジナル望遠鏡を作っていました。簡単なキットを使用していますが、覗けば月や北斗七星も見られるとのことで性能もバッチリ。可愛いマスキングテープやシールも豊富に準備されていて、どれを貼ろうか迷ってしまいます。

 埼玉から参加されたこちらのご家族の愛車は、新型インプレッサ。今年の春に納車されたばかりとのこと。初スバル車だそうですが、家族を乗せて走るお父さんが選んだ決め手は「安全性を考えて、アイサイトのあるスバル車にしました」と話していました。家族想いの優しいパパですね。望遠鏡作りも楽しめたようで、自分のイニシャルを入れた特別な望遠鏡が完成していました!

 そしてこちらのご家族、フォレスターからの乗り換えで、現在レガシィに乗っているそうです。ご主人がスバル好きなスバリスト。自転車を積んだり、釣り道具を積んだり、とてもアクティブに使用しているとのこと! 今回は夏の家族旅行の最後の締めくくりとして、参加されたそうです。

星のソムリエは6台のスバルを乗り継いだスバリスト

 第1部が終わり、時間は20時頃でしょうか。なかなか空は星を見せてくれず、月明かりも差し込まないほど雲に覆われていました。

 重信さんの星の解説は、写真や図もたっぷり使われていて、またお話自体もとても面白く、星を見られなくても、この話を聞けただけでも参加した価値は十分にあると思いました! 筆者は「流れ星が流れたらなぜ3回願いごとを唱えるか」のお話がお気に入り。

 早く帰って今日聞いた話を誰かに話したい! そんな気持ちになりました。ここでご紹介できないのが、ちょっぴり残念。

 時間は予定よりも早い22時前に本オフ会は終了。最後まで星や月は姿を現しませんでしたが、雨に降られることなく、星が出るかな、見えるかなとワクワクしながら過ごせたことも1つの思い出ではないでしょうか。

 7月25日に新型インプレッサを納車したばかりのこちらのオーナーさん。最初はあまりスバルに興味がなかったそうですが、色々なメーカー車と乗り比べて、スバル車が1番楽しかったそうです。インドア派だそうですが、これからは愛車とともに様々なところへアクティブに遊びに行きたいと話していました。

 ヘール・ポップ彗星を15年以上前に、スノーボードをしている際に、たまたまゲレンデで目撃したというお父さん。その時の光景があまりにも印象深くまた美しかったので、お子さんたちにも見せたいと思い、本オフ会に応募したそうです。自転車に乗っている時にも、偶然またまた彗星を見かけたこともあるそう! この日は星が見れず残念でしたが、きっとまたチャンスが巡ってきそうですね。 

 参加者の過ごし方や帰り際の様子を見ていましたが、星は見えなかったものの、参加者の満足度は非常に高いオフ会だったと感じました。

 手作りの望遠鏡を握りしめ、笑顔で帰って行くお子さんの姿、星を見にまたチャレンジしようと話すご家族の会話などで会場は溢れていました。

 星のソムリエ®の重信さんにもお話を伺いました。

 重信さんも6台スバル車を乗り継いでおられ、初めて買ったのは真っ赤なインプレッサのスポーツワゴン。街中を走る姿に一目惚れし、翌週にはディーラーにいたそうです。見た瞬間に、ビビッと運命的なものを感じ、このクルマは「自分の生活、人生を変えてくれる」と直感したと話してくれました。アウトドアを始めたのも、このクルマのおかげだそうで、「楽しいことをするときは必ずそばにはクルマがあります。スバルから与えられたものはたくさん!スバル車に乗ることがアイデンティティでもあります」。

 また星を見るなら夏でも冬でも両方にそれぞれメリットがありますが、星を見る場所へ行くのも、天体望遠鏡などの荷物を乗せるのも、やはり”クルマは最高の道具”だとおっしゃっていました。今回唯一見ることができた木星は、「みんなで同じものを見たことに価値がある、みんなで見る星が大好きです。そしてすばるはたくさんの星が集まっている星座、スバリストやスバルファンのみんなもその星座の一部としてSUBARUを作り上げていますね」、とのこと。

 重信さんは星のすばるとクルマのスバルを結ぶ天の川のような架け橋を作る人なのかもしれません。星のこともクルマのことも参加する前よりもちょっと詳しくなって、もっと好きになれたオフ会でした。次回の星空オフでは、もっともっとスバルが好きになれるよう、満天の星空を鑑賞できるといいですね。