「米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の未放送データなどが流出──明かされたハッカーの目的は?」の写真・リンク付きの記事はこちら

ハッカー集団が米放送局HBOのサーヴァーをハッキングし、未放送の番組エピソードや台本を流出させた。この事件から1週間が過ぎ、ハッカーたちは新たなデータを公開した。今回は人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のネタバレにとどまらず、身代金を要求する文章も示されている。

この流出では、盗まれたデジタルデータのうち0.5ギガバイト分がさらされている。一方、ハッカーは全体で1.5テラバイト分のデータを保持していると主張している。

未放送の台本から内部資料までが流出

今回さらされたデータのなかには、放送中の「ゲーム・オブ・スローンズ」の最初の4話の台本、さらに未放送の第5話の台本も含まれており、どちらにも「HBO is Falling」という透かしが刻まれていた。これらの台本に加えて、Eメール、バランスシート、雇用契約書、市場戦略のPDFなど、数え切れないほどのHBOの内部資料が流出している。

何より衝撃的なのが、ハッカー集団がついに「ゆすり」という動機を明らかにしたことである。「ゲーム・オブ・スローンズ」のテーマ曲をBGMにしたヴィデオで公開された冗長な文章で、ハッカーたちは身代金の具体的な金額とともに、HBOのリチャード・プレプラーCEOに最後通牒を突きつけたことを示唆している(金額は伏せられている)。払わなければ、データの流出は続くという。

「われわれの要求ははっきりしており、交渉の余地はない。わたしたちはXXXXドルもらいたい。HBOは市場調査に1,200万ドル、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7の宣伝に500万ドルを費やしている。われわれに別の予算を使うことを考えてみるがいい!」

「ミスター・スミス」によって書かれたとされるその文章によると、支払期限はヴィデオレターが送られてから3日ということだが、具体的な日付は示されていなかった。

「莫大な収入の一部を分けてもらうパートナー」

残りの文章では、すべてが流出した場合のファンの怒りから競合他社による情報取得に至るまで、考えられる限りのHBOの損害が述べられている。「流出はHBOにとって愛悪の悪夢となるだろう」と文章は続く。「賢明な選択をすることだ!」。映像は、「ゲーム・オブ・スローンズ」の悪役ナイトキングが両手を挙げた画像を映して終わる。

HBOの広報ジェフ・カッソンは、新たな流出に対して「捜査が進行中」であると文書でコメントしている。「これまでの調査では、Eメールのシステムが危険にさらされた理由はわかっていません。事件の解決に向けて、わたしたちは外部のサイバーセキュリティー会社や法執行機関とともに、24時間体制で取り組んでいます」。彼は身代金についてはコメントを避けている。

奇妙なことに、ハッカーたちは公然と脅迫を行っているにもかかわらず、自分たちが犯罪者ではなく「正義の味方」であると主張している。「これはゲームだ。金は目的ではない」と脅迫文には書かれている。「われわれはHBOの立場を危うくしたくはないし、評判をおとしめたくもない。HBOの莫大な収入のうちの、ほんの少しでも分けてもらうパートナーになりたいのだ」

RELATED

20億人の投稿を監視する、フェイスブックの「検閲基準」が流出