新田真剣佑は“瞳”で物語るーー『僕たちがやりました』『ジョジョ』で見せた演技力

写真拡大

 急展開が相次ぎ、物語はいっこうに衰える気配を見せない『僕たちがやりました』(フジテレビ系、関西テレビ)。逃亡生活を余儀なくされ、散り散りになってしまったトビオ(窪田正孝)たちだったが、先週の第5話のラストではまさかのパイセン(今野浩喜)がトビオの前に登場。第6話の予告では、伊佐美(間宮祥太郎)、マル(葉山奨之)も加わり、4人ではしゃぐ姿が見て取れた。この最高な4人が並ぶところがやっと見られると、胸が高鳴っているのは筆者だけではないはずだ。

(参考:『ジョジョの奇妙な冒険』に見た山崎賢人の飛躍 “マンガ実写界”を背負って立つ俳優へ

 しかし彼ら4人と同じくらい、その動向から目が離せない存在が、矢波高校のトップ・市橋(新田真剣佑)だろう。初登場時からトビオたちの恐るべき存在として、無感情的で虚ろな瞳と、言葉少なのゆったりとした口調がかえって恐ろしく、視聴者ともども恐怖に陥れてきた。感情が見えづらく、“次に何をするか分からない”キャラクターとしては、トビオたちの一歩先を行く存在でもある。

 爆発事件以来、体の自由が効かない彼は、トビオたちへの復讐に燃えている。そんな彼が、涙を流して感情を爆発させ、「夢」や「想い」を口にした時、驚いた視聴者も多かっただろう。根はごくごく普通の高校生なのだ。蓮子(永野芽郁)が彼に手を差し伸べた理由は、トビオ探しにおける利害関係の一致からでなく、実はその姿に胸を打たれたからだったのではないだろうか。

 仲間たちが手の平を返していく中、蓮子に対しては「変わらず接してくれるのはお前だけだ」と、少しずつ心を開いていっている市橋。市橋が蓮子の顔を自分の方に引き寄せ「お前のこと、好き」と、また新たな想いを口にした場面は、第5話最大のハイライトだろう。その言葉や行動以上に、初めて蓮子に向けた真っ直ぐな“瞳”に衝撃を受けた。まったく、次に何をするか分からない。

 市橋を演じる新田真剣佑と言えば、現在公開中の実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で演じる虹村億泰役が激賞されている。たしかに億泰は、野太い声とノソノソとした足取りに象徴される愚鈍さからは想像もつかないほど、俊敏な動きで主人公・仗助(山崎賢人)を苦しめた(特に飛び回し蹴りのカッコ良さ!)。敵であるはずの仗助に思いがけず救われた場面では、動揺を隠せないその瞳が印象的だった。

 今年5月に公開された『ピーチガール』で演じたとーじ役もまた、瞳が印象的なのだ。中学時代から好きだった人(山本美月)の前で、キョロキョロと動く大きな瞳は、心の内にある葛藤を何より物語っていた。「目は口ほどに物を言う」とはよく言ったものだなと、新田を見るたびに膝を打つ。

 『僕たちがやりました』公式インタビュー(市橋哲人役 新田真剣佑さん|僕たちがやりました | 関西テレビ放送 KTV)で新田は、役作りに際してどんなアプローチをするか、という問いに「言葉ではうまく言い表せないです。他の役でもそうなのですが、常に役のことを考えて身体に染み込ませていくという感じです」と答えている。役を身体に染みこませ、一体となっていく。一体となるからこそ、心の内に抱えた「想い」は、自然とその瞳に反映されるのだろう。“次に何をするか分からない”市橋の、さらなる動向に注目したい。

(折田侑駿)