日産ヨーロッパはこのほど、欧州で販売されている新型マイクラのパーソナライゼーションプログラムが予想以上に好評を得ていることを発表した。

欧州で発売されているマイクラは、2016年のパリ・モーターショ-で新型が披露され、2017年3月に市場導入された。5代目となる現行型は全長3999×全幅1743×全高1455mmのボディに、90ps/140Nmを発揮する0.9リッター3気筒ターボや、90ps/220Nm仕様の1.5リッター直4ターボディーゼルなどを搭載する。

それまでは日本仕様のマーチと同じモデルで販売されていたが、新型は欧州が先行して新型にスイッチしている。そんな新型マイクラ、欧州でパーソナライゼーションプログラムが展開されており、カスタマーの4人に1人が内外装をカスタマイズしており、平均で400ユーロ(約5万2000円)のエクストラを惜しまないという。

具体的なメニューとしては、スペシャルデザインのバンパーフィニッシャーやサイドモールディング、17インチアロイホイール、ドアミラーカバー、そしてボンネットやルーフに施すデカールをラインアップ。一方インテリアでは、デコレーションパネルカラーの変更などが挙げられる。