岡田准一から絶賛を受けた滝藤賢一/(C)2017「関ヶ原」製作委員会

写真拡大

8月26日(土)に全国公開される、映画「関ヶ原」の大ヒット祈願イベントが東京・神田明神で行われ、主演の岡田准一のほか、平岳大、滝藤賢一、中越典子、原田眞人監督が登壇。岡田は「ここは歴史のある場所。そんな場所でご祈祷できて大ヒットに向けていい時間になりました」と喜びを語った。

【写真を見る】滝藤賢一らは神妙な面持ちで大ヒット祈願を行った/(C)2017「関ヶ原」製作委員会

本作は、世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを描いた歴史スペクタクル。石田三成を演じる岡田は、大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年、NHK総合ほか)や、映画「蜩ノ記」(2015年)以来となる本格時代劇への出演だが、これが原田監督作品には初参加となる。

それもあってか、岡田は「どの役も生き生きとしていて、滝藤さんが演じた豊臣秀吉はこれ以上ない秀吉だった。原田監督の演出はすべてのキャラクターに愛情が込められた演出方法なので、別の視点からそれぞれのキャラクターのスピンオフを見てみたい」と撮影を振り返るとともに、それぞれのキャラクターを立たせる原田監督の手腕に感服していた。

一方、滝藤は「岡田さんに、これまでの誰が演じた秀吉が良かったかという話をしたら、それは『滝藤さんですよ』とちょっと鼻を膨らませて丸顔で言ってくれた」と照れ笑いを浮かべ、続けて岡田は「現場で控えている姿が秀吉だった。めちゃくちゃ秀吉だった。三成が仕えている時間の長さを感じさせてもらいました。また滝藤さんの秀吉を見てみたいと思った」と賛辞を惜しまない。

そしてイベント終盤には、キャストが作品にちなんで「人生における決戦の日」を川柳で発表。岡田は「鬼が出て 鬼締め決めて 鬼ヒット」、平は「関ヶ原 のるかそるかの ヒラ左近」、滝藤は「ド緊張 10年振りに 原田組」、中越は「秋の空 我が子と共に いざ合戦」とそれぞれ、思いをしたためた。

岡田は「甲冑を着るときに、当時の武士たちが締めたのと同じくらい甲冑のひもを締めながら現場に向かいました。小道具さんからは『今日は鬼締めでいきましょうか』といわれるくらい。その鬼と掛けました。今回は鬼に縁がありますね」と理由を説明した。

また週末に迫った封切りに向け、岡田は「携わることができて幸せだったと思える作品になった。自分にとって代表作になると信じています」と本作のヒットに自信をのぞかせながら、アピール。

情報解禁の際、岡田は「日本で一番の大合戦『関ヶ原』が映画化されることを僕自身、今から楽しみにしています。歴史好きとして、本来の人物像に近いであろう石田三成を演じることができうれしく思います」と喜びのコメントをしていたが、いよいよ映画ファンのもとに届くときがやってきた。