【驚愕】衝撃の沖縄あるある43連発!「墓場で宴会」「ダイビングなんてしない」「男も脱毛」

写真拡大 (全7枚)

日本国内の観光地で夏を最も満喫できる場所といえば沖縄ではないでしょうか。本州よりも南に位置しているため夏の期間が長く、海水浴やダイビングなどの海のレジャーを長い期間楽しむことができます。

読者の皆さまにも夏休みで沖縄に行った、またはこれから行くという方もいるのではないでしょうか。

文化が大きく異なる



沖縄は本州と季節が大きく異なるだけでなく、方言をはじめとしたさまざまな文化が本州とは大きく異なります。東京や大阪では常識なことが、沖縄では非常識になってしまうこともあるのです。

せっかく沖縄に行くのなら沖縄の文化についてもしっかり理解しておきたいですよね。



沖縄あるある43連発を発表!



そこで今回は沖縄出身者や、沖縄出身者と結婚した主婦などを相手に意見を集め、「沖縄あるある」としてまとめてみました。これらのことが沖縄では常識として当たり前のように行われているのです。

1. 沖縄以外を「内地」と呼ぶ

沖縄の地元民は日本の沖縄以外の都道府県を「内地」と呼びます。そして内地に対してのコンプレックスを抱えている人もおり、家に飛び込み営業が来た時も出身地を確認し、内地出身だったら追い返すという人もいるそうです。

2. ゴキブリがでかい

本州のゴキブリよりも遥かに大きく、そして攻撃的です。空を飛ぶことも珍しくありません。



3. 地元民は、真夏の昼間は外に出ない

4. 海は泳ぐものではない。「ビーパー」するもの

ビーパー→ビーチパーティー。ビーチで行うバーベキューのこと。

5. ダイビングはしない。素潜りする

ダイビングのインストラクターにも地元民は全然いないらしい……。

6.沖縄でモテるのは薄い顔

みんな濃い顔なので、逆がモテるそうです。

7. 兄や男の先輩は「にいにい」、姉や女の先輩は「ねえねえ」

8. なにもかもがすぐ錆びる

すぐ海風にやられてしまうそうです。車をいちいち買い替えていられないので、本当に動かなくなるまで乗り倒す人が多いのだとか。



9 .高校入試の昼休みは家族でお弁当

高校入試は運動会などの学校行事と同じで、家族で弁当を持って行ってみんなで食べる習慣のある地域も存在するそうです。

10. 年寄りの方言は孫でも理解不能

11. 「死なすよ」は「怒るよ」くらいの意味

しつけとか口汚いとかは関係なく、大人も子供も軽いノリで「死なすよ〜」と言ってくる。

12. 「スパム」じゃなくて「ポーク」!

スパムはただの商品名であり、ランチョンミートという加工肉全般をポークと呼んでいる。しかも人気があるのはスパムではなくチューリップという商品。

13. 男女問わず毛深さはコンプレックス

男性でも脱毛をする人が多いそうです。

14. セブンイレブンは憧れ

現在沖縄にはセブンイレブンがありません。2019年に参入予定とのこと。

15. 基地問題には基本的にノーコメント

地元民は近所身内にもいろいろな感情や考えがあるため、大っぴらに話すことはほぼない。

16. スーパーでも店員が袋詰めするのが当たり前

マイバッグでも店員さんが詰めてくれます。

17. 泡盛が好きなわけじゃない、安いから飲んでるだけ

18. 結婚式は300人以上を集めるのが普通

親が会社やってたりすると軽く500人以上、新郎新婦が会ったことのない人もたくさん参列します。でも金額は300〜500万くらいでおさまることが多いそうです。

19. 台風では別に騒がない

経験値が違うわけです。でも前日の買出しは必須とのこと。

20. 体育の選択授業で空手がある

沖縄は空手発祥の地なのです。



21. 甲子園の沖縄代表の試合は仕事そっちのけで応援

22. 高校サッカーはそこまでじゃない

23. プロ野球はキャンプを見るもの

毎年キャンプの見学には行くけど試合は全然見ないという人が多いそうです。

24. 年越しそばは沖縄そばと沖縄の天ぷら

25. 沖縄の海は世界一美しいと思っている

26. ヘチマは食べ物

27. 「うちなータイム」に苛立つ人もいる

沖縄の人は時間にルーズな傾向がありますが、必ずしも全員がそうではないらしいです。

28. 湯船のない家が多い

冬でもそんなに寒くないため、風呂に浸かる習慣がほとんどありません。安宿にも湯船がないことが多いです。

29. 模合(もあい)という習慣がある

模合とは、毎月決まったメンバーで一定の金額を1人ずつ集め、そのお金を毎月順番にメンバーの誰か1人がもらうというもの。長年続けることによって深い信頼関係が築けるが、お金が絡むので、揉め事になる場合もある。

30. 国内ワースト1位が多い

例えば飲酒運転検挙率や、アイス消費量、夫婦数などがワースト1位のようです。

31. 天ぷらはおやつ



32.観光客の「○○さー」にムカつく

地元民とイントネーションが全然違うのでイラつくらしいです。

33.「なんくるないさー」は言わない

観光客用の言葉であって、日常で使う機会はほぼないそうです。

34. 長寿県は昔の話

実際は飲酒量と脂っこい料理が多いせいか、生活習慣病患者が多くなっているのだとか。

35. ぜんざいは冷たいかき氷

沖縄で「ぜんざい」は、甘く煮た豆の上にかき氷が乗ってるものを指します。

36. ヤモリ対策済みエアコンがある

ヤモリが内部に入ってきてエアコンが壊れるのを防ぐため、販売店で「ヤモリ対策済み」をPRしていることがある。

37. 日の出も日の入りも遅い

沖縄は南にあるだけでなく、本州よりもかなり西にあるため。夏は20時近くまで明るいです。

38. 花見の習慣がない

沖縄ではソメイヨシノが咲かないから。本州に行って桜を見ると感動するそうです。

39. 刺身は酢醤油、酢味噌で食べる

他に好まれるのはポン酢などで、酸味を好む傾向があり、醤油+わさびではあまり食べません。

40. ご祝儀は一万円が普通



41. お墓参りでピクニック

沖縄のお墓が異様に大きく、墓参りをしてそのまま墓前で宴会が始まります。沖縄の墓参りは楽しいイベントなのです。

42. 飲んだ後はシメのステーキ(笑)

沖縄では、飲んだ後にシメのステーキを食べます。沖縄本島の人だけでなく、石垣島などの離島の人にも浸透している伝統的な食文化です。シメのステーキ向けに用意されたメニューが多数あり、深夜になるとステーキを食べている沖縄県民をよく見かけます。

43. ジャンプとか雑誌の入荷が2〜3日遅れる

あまりにも文化が違いすぎる



皆さんの住んでいる地域とはあまりにも異なる文化の数々に驚かれた方は多いのではないでしょうか。沖縄ではこれらはすべて常識であり、当たり前のように行っていることなのです。

沖縄に遊びに行く前に、少しでもこれらを頭に入れておくと、また違った楽しみ方ができるかもしれませんよ。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/