シンガポール沖合でタンカーと衝突し、損傷して穴が空いた米海軍の駆逐艦「ジョン・S・マケイン」。シンガポールのチャンギ海軍基地沖で(2017年8月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米海軍は21日、艦船の衝突事故が相次いだことを受け、世界全域で艦隊の運用を一時停止すると発表した。

 シンガポール沖では同日、ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン(USS John S. McCain)」がタンカーとの衝突事故を起こし、乗組員5人が負傷、10人が行方不明になった。

 海軍制服組トップのジョン・リチャードソン(John Richardson)作戦部長(大将)はこの事故を受け、運用慣行の「包括的な見直し」を行うための「運用一時停止」を指示した。

 リチャードソン氏は「知っての通り、これは3か月間で2回目の衝突事故であり、太平洋(Pacific Ocean)海域では事故が続いている」とした上で、「こうした傾向から、より強力な措置を取る必要がある。そのため、世界中の全艦隊の運用一時停止を指示した」と説明した。

 米海軍では6月にも、静岡県・伊豆半島沖の通航量が多い海域を航行していたイージス駆逐艦「フィッツジェラルド(USS Fitzgerald)」がフィリピン船籍の貨物船と衝突し、米艦側の乗組員7人が死亡する事故が起きていた。

「ジョン・S・マケイン」と「フィッツジェラルド」はいずれも、横須賀基地を拠点とする米海軍第7艦隊(7th Fleet)に所属している。
【翻訳編集】AFPBB News