モナコ、レジェンドの元フランス代表FWジュリ氏が復帰! クラブアンバサダーに就任

写真拡大

▽モナコは21日、元フランス代表FWリュドヴィク・ジュリ氏(41)がクラブアンバサダーに就任したことを発表した。

▽1994年にリヨンでプロキャリアをスタートしたジュリ氏は、恩師ジャン・ティガナからの誘いを受けて、1998年にモナコに完全移籍。164cmの小兵ながら卓越したアジリティとテクニックを生かしたドリブル突破、正確なクロス、フィニッシュを武器に主力に定着。その後、優れたリーダーシップを発揮しキャプテンを務めた同氏は、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝などに貢献した。

▽2004年にバルセロナに移籍したジュリ氏は、ローマとパリ・サンジェルマンを経て2011年にモナコに復帰。古巣で1シーズンを過ごした後、ロリアンを経て生まれ故郷のモン・ドール・アゼルグ・フットで2016年に現役を引退した。

▽モナコでは在籍7年間で公式戦253試合に出場し、65ゴールを記録。在籍期間にリーグ・アンとクープ・ドゥ・ラ・リーグを1度ずつ優勝している。