1回戦屈指の好ゲームを制した新見小晴

写真拡大 (全5枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)、通称「全中」の大会3日目は、男女個人戦のシングルス1回戦とダブルスの1、2回戦が行われた。

 個人戦はすべてトーナメント方式で、シングルス1〜4回戦、ダブルス1〜3回戦まで8ゲームプロセットで、単複ともに準決勝より3セットマッチ(ダブルスはセットオール後、10ポイントのマッチタイブレーク)で行われる。

(写真)駒目和花は伊藤汐里をあと一歩まで追い詰めた

 女子シングルス1回戦は、8ゲーム先取をいかに戦うかがポイントだった。第1シードの伊藤汐里(さいたま市立常盤)は駒目和花(札幌市立新川西)に4-6とリードされるが、そこから4ゲーム連取で大逆転。6ゲーム先取なら敗退していたことになる。

 今大会はノーシードだが、昨年の全日本ジュニアU14で3位の新見小晴(岡山市立桑田)は河野瑞生(小平市立小平二)に対して5-5から2ゲームを連取するが、あと1ゲームを奪うのにマッチポイントを6つも要し、簡単に勝たせてもらえなかった。

(写真)梶野桃子はわずかの差で石橋彩由に敗退

 5〜8シードの石橋彩由(千葉市立新宿)は梶野桃子(川西市立東谷)と一進一退の攻防で6-6となり、そこからタイブレークとはならず、2ゲーム連取で逃げ切った。

(写真)タイブレークにもつれる熱戦を制した五十嵐唯愛

 唯一8-8でタイブレークにもつれたゲームは、五十嵐唯愛(仙台市立富沢)が鈴木梨子(所沢市立安松)をタイブレーク7-4で下している。

(写真)1回戦を突破した繁益春音/橋詰咲笑(京都市立桂川)

 2、3年生の中に混じり、シングルスに出場した1年生は2人。伊藤あおい(名古屋市立八王子)は兼田若奈(鳴門教育大学附属)に5-8と善戦を見せた。もうひとりの1年生、繁益春音(京都市立桂川)は9〜16シードの高橋礼奈(相模原市立田名)に1-8で敗退も、橋詰咲笑と組んだダブルスでは2回戦に進出した。

 大会4日目となる8月22日(火)は、男女シングルス2、3回戦と男女ダブルス準々決勝が行われる予定となっている。

テニスマガジン/編集部◎池田 晋)