写真を拡大 東方神起 左からチャンミン、ユンホ

写真拡大

東方神起 左からチャンミン、ユンホ

東方神起の会見の写真を一覧で見る

韓国出身の人気ユニット、東方神起が21日、都内で「東方神起 ASIA PRESS TOUR」と題した記者会見を行い、約2年ぶりとなるアーティスト活動再始動を宣言。全国5大ドームツアーの開催と復帰記念アルバムのリリースを発表した。

兵役義務を終え、今年4月20日にユンホ、8月18日にチャンミンが除隊。約2年の時を経て、東方の神が再び起き上がり、日本の音楽シーンにいよいよ帰ってくる。

この日の午前中に韓国・ソウルでの会見を終えた後ふたりは、約2年4か月ぶりに揃って来日。晴れやかな笑顔で会見場に現れると、「東方神起です。チャンミンと一緒に『東方神起です!』と挨拶できるのがうれしいです」とユンホ。見知った顔を場内に見つけると、「久しぶりにお会いする方も知っている方もいらっしゃって……感無量です」と顔をほころばせた。

一方のチャンミンは、「まだ社会に戻ってきて3日目です。せめて一日くらい休めると思ったんですが、一日も休めず……まだ人の前にまだ慣れてないです」とこぼして笑いを誘う。そして、日本のプレスを前に、「たくさんの方が集まってくださってうれしいし、日本の活動を再始動することに安心だし、皆さんの前に立つことができて気持ちいいです」と話した。

11月11日札幌ドームを皮切りに行う、3度目のドームツアー(全国5か所14公演で65万人動員予定)は海外アーティスト史上初。演出は未定だそうだが、「皆さんに愛された曲プラス、新しい魅力をお見せする予定。気持ちを込めたステージが一番重要だと思っています。東方神起のライブをみたら、夢とか希望が伝わる、そんなライブがしたいです」(ユンホ)、「東方神起だけでなく、ファンの皆さんとお互いの、情熱と汗、涙を一緒に同じ空間で共有しながら、共感し合えるライブになるんじゃないかな、と思います。はやくユンホとふたりでステージに立ってファンの皆さんの姿を見たいですね」とステージを心待ちにしている様子。

東方神起

10月25日には、『WITH』以来約2年10か月ぶり(ソロ、リミックス作品をのぞく)となる復帰記念アルバム『FINE COLLECTION 〜Begin Again〜』をリリースする。チャンミンは、「ファンの皆さんにはすごくいいお知らせになるかなと予想して、いま、この話をしながらドキドキしています」と話し、「ライブでファンと皆さんと一緒に歌いながら、笑ったり泣いてして同じ時間を過ごしてきた思い出の曲が40曲。そして、昔より、歌も、発音も感情も成長した、うまくなったというものを見せたいと特に思っていた3曲を再レコーディングしました。ファンの皆さんがきっと喜ぶんじゃないかと思う自信作です」と胸を張った。

活動再開にあたり、改めてお互いの存在について問われると、ユンホは、チャンミンについて「一番うれしかった時、悲しかった時、つらい時、何も言わずに隣にいるチャンミンがすごく、ありがたいだけじゃなくて、これが家族じゃないかなって感じました」。隣にチャンミンの確かな存在を感じながら、「自分も2年間でもっと成長して、チャンミンに会う時、“これがユンホだよ!”っていうのを見せたかったんです。ずっとこの瞬間を待ってたんです」と心底うれしそう。そして、「今日顔を見たら、一番いいのは、今までのチャンミンのままで、プラス雰囲気が大人っぽくなったような気がして、イケてるなって」と褒めるユンホに、チャンミンは「ただ老けただけです」とぽつり。

笑いを取ったチャンミンだが、ユンホについては「元からそうだけど、さらに頼もしくなったっていうか。家族の中で、すごく頼もしい兄貴みたいな存在であいかわらずいてくれて、ありがたいです」と真面目にコメント。しかし、「僕より4か月先に仕事を始めてるじゃないですか。いま僕はまだ(復帰して)3日目です。一週間も経ってないんです! 鏡を見たら、髪が短い自分自身に慣れてないんです」とやはりここでもこぼして笑いを誘っていた。また、2年前と変わったことについても、「髪の毛が短くて、自分自身のことが気まずいというか。(カメラの)シャッターの音にも慣れてなくて、怖いくらいです!」と心境を吐露して笑わせた。

やはり2年という時間はふたりの心境に変化をもたらした。チャンミンは、「ユンホ、ファン、スタッフなど僕の周囲にいてくれる人たちに対して、当たり前にいると思いがちですが、いつも周りにいてくれることの大切さの重みが分かるようになりました。感謝しなければと、より深く思うようになりました」と言葉をかみ締める。ユンホは、「東方神起のユンホじゃなくて、人間チョン・ユンホとして、自分自身と向き合う時間が多かった」と話し、「自分が向かう道、東方神起がどんな色をもてばいいか、真面目に向き合う時間ができてすごくよかった。昔は、“東方神起はこれです! 気合入れていきます”と言っていましたが、言葉より行動でその魅力を感じられるアーティストになりたいと思いました」と語った。

ファンへのコメントを求められると、「2年前ふたりのことを送って、ずっと変わらずに待っててくれてありがたいです。その待ってくれた時間が無駄だと後悔させないように、ふたりでもっと全力で頑張る姿ばっかり見せたいです。期待してください」と静かに自信をみなぎらせるチャンミン。ユンホも「今まで待ってくれた2年間以上に、特別な思い、そして、これが東方神起だ! というのをはっきり見せます。たくさん愛してくれてありがとうございます。スタートです!」と改めて宣言した。

「いろんな活動をすると思いますが、何よりもライブが楽しみです」というチャンミンにユンホも「それが東方神起らしいですね」と語り合う。しかし、活動を心待ちにしながらも、チャンミンは「再始動して、皆さんにすぐいろんな姿を早く見せたいんですが、僕はまだ髪が伸びる時間が必要なのでちょっとだけ待ってくれませんかね(笑)」。そんなチャンミン節に、ユンホは「チャンミンの今日のキーワードは短い髪だね」と笑っていた。

なお、東方神起はあす22日、香港でも同会見を行う予定だ。

東方神起の約2年7か月ぶりとなる全国5大ドームツアーの日程は以下。
<2017年>
11月11日(土)北海道・札幌ドーム
11月25日(土)・26日(日)・27日(月)東京ドーム
12月2日(土)・3日(日)福岡・ヤフオク!ドーム
12月20日(水)・21日(木)東京ドーム
12月26日(火)・27日(水)・28日(木)京セラドーム大阪
<2018年>
1月12日(金)・13日(土)・14日(日)愛知・ナゴヤドーム