ニューヨークの「アルゴンキン・ホテル」は、猫の従業員がいることで知られています。

勤続7年を迎えるメス猫のマチルダ(3代目)が、今年ついに引退を迎えることになりました。

 

Cat Supervises Hotel for 7 Years and Has Never Missed a Day Of Work.


このホテルには猫の従業員を迎える伝統があり、オス猫にはハムレット、メス猫にはマチルダの名前が襲名されてきました。

野良猫だったマチルダは2010年にホテルに迎えられ、マチルダとしては3代目、オスメスあわせて10代目の猫になるそうです。


荷物チェックに励むマチルダ。


プリンターの警備。


ときどきお昼寝。

[画像を見る]
備品のチェック。

[画像を見る]
他の従業員がサボってないか管理。

[画像を見る]
ときどきお昼寝。

[画像を見る]
そしてフロントでマスコット役。

こんな風にホテルの従業員として勤め上げ、宿泊客に好評だったマチルダでしたが、11歳とやや高齢になったこと、そして後継者が決まったことから引退の運びとなりました。

今後は職員の家でのんびりと過ごす予定だそうです。お勤めご苦労様でした。

[画像を見る]
そしてこちらが、後継者である8代目ハムレット。

きっとマチルダの分も、宿泊客をいやしてくれる存在になってくれることでしょう。

【ホテルで7年間働いてきた猫のマチルダが引退…後継者が決まる】を全て見る