NGT48北原里英が「NGT48お披露目2周年 スペシャルLIVE〜みなとまち新潟をもりあげちゃいます!〜」にて卒業をすることを発表した。ステージでの発表後、記者会見を行い現在の心境、卒業の理由を話した。

―卒業の理由は?

北原
AKB48(グループ)も10年目なのでいつかは卒業しないといけないなと思っていて、ここ最近のNGT48はすごいスピードでみんな成長していて、頼りになるな、私がいなくても大丈夫だなと思ったので、ハッキリ卒業を決めました。

―いつごろから考えていましたか?

北原
いつ頃かと言われると難しいんですけど、最初に意識したのは5年くらい前のあっちゃん(前田敦子)が卒業するときで、いずれ卒業するんだなと思って。役者さんになってお芝居をするのが夢だったので、いつかはお芝居一本でお仕事できればいいなと思っていました。でも、なかなか決断でき無いまま進んでいって、本当に卒業をしようと思ったのはここ最近ですね。

―NGT48での2年間は?

北原
すごいあっという間ですごく楽しくて、NGT48としての活動がすごく楽しかったし、自分自身キャプテンとしてすごくやりがいがあったので、本当はもっとみんなと歩んでいきたいなという気持ちはあったし、一緒に景色を見ていきたいなと思っていたんですけど…(涙)。先輩がいなくなる、卒業することで後輩が成長して伸びていくというのを自分が見てきて、自分も感じていたので、後輩のためにも卒業をしようと…。

―NGT48のメンバーの存在は?

北原
一からグループ作りに参加してきて、メンバーも合格する前から会っていたりして知っていたし、本当に娘みたいな存在ですね。

―メンバーへ託す思いは?

北原
自分はキャプテンとして言葉が多くないし、キビキビしているような対応ではないんですけど残りの期間は言葉を増やしていきたいというのと、いままで通りに行動で示せるようなキャプテンでいたいと思います。

―新潟への思いは?

北原
ここまで地域密着していたAKB48のグループは初めてだったので、始まる時はどういうふうに進んでいくのかなと思っていたんですけど、想像以上に地域の方との関わりが深くなっていて、昨日は長岡で握手会だったんですけど、地元の方が来てくれて握手会に初めてきましたというお爺ちゃんお婆ちゃん、小さいお子さんを連れた親子の方が来てくれたりして、本当に新潟に根付いているなと思いました。新潟のことが大好きになったので、NGT48を卒業して一人の活動になっても新潟県と関わっていきたいなと思います。

―今後やりたいことは?

北原
AKB48に入る前から夢だった女優さんに…ゼロからのスタートになりますけど、お芝居を中心に活動をしていけたらいいなと思っています。自分の活動が少しでもNGT48のためになるように、キャプテンとして活動したことに恥じないような活動をしていけたらいいなと思います。

―メンバーからどんな言葉をかけられましたか?

北原
みんなには内緒にしていたので、すごいみんなが泣いてくれて…みんなが思った以上に悲しんだことが複雑なんですけど嬉しくて。これからのNGT48の事が不安に思っていたり、まだ若いですよって言ってくれたんですけど(笑)、みんなのことは頼りにしているので、私がいなくても大丈夫だと思っているんですけど、まだいて欲しいと言ってくれて嬉しかったです。

―柏木さんはこの発表について知っているのか?

北原
珍しく事前にご飯に誘いまして、軽い感じで誘って、実は…と話したら、結構驚いていて。私、ゆきりん大丈夫かなと思っていたんですけど、これからどうしていこうかなと、NGT48のことを前向きに考えていたので、すごい頼もしいなと思いました。

―卒業後のNGT48は大丈夫そうですか?

北原
大丈夫だと思ったので卒業したんですけど、みんなは不安がっていて。わたしは始まった時から自分がいることのメリット・デメリットを考えていて。自分がいないほうがいいなと思っていたこともあったので、今回卒業発表した感じです。

―今日発表したのはなぜ?

北原
メンバーが全員いる日がいいと思っていて、本当はゆきりんにも来てほしくて調整をしてもらったんですけど難しくて、なるべく全員がいて、ファンの皆さんに聞いて頂ける日、あと新潟で発表が絶対に良くて、今日にさせて頂きました。

―後任のキャプテンは決まっていますか?

北原
考えているメンバーはいるんですけど、決まっていません。

―柏木さん以外には相談したメンバーは?

北原
今日発表するということは仲の良い横山由依だったり、大家志津香だったりとか同期のメンバーには言ってます。

―まだやり残したことは?

北原
本当のことを言うと、まだやり残したことはあるんですけど、残りの約半年間でやっていきたいと思います。私がいなくなることを糧にしてほしいし、自分がいなくなるという出来事も勢いづける要因にしてもらいたいなと思っています。

―仲の良い指原さんに相談は?

北原
以前にNot yet会というのをやりまして、その時に横山、(大島)優子ちゃん、指原には話しました。早いんじゃないの?と言われ驚いていました。

―たくさんのグループを経験しました。

北原
ここまで色々なグループを渡り歩いたメンバーって他にいないと思うので、自分のポジションには誇りを持っているし楽しかったなと思います。どれも無駄なことはなかったなと思います。

―AKB48グループについて、どう成長していって欲しい?

北原
いよいよ私がいなくなって、(渡辺)麻友ちゃんもいなくなり、どんどん昔を知っているメンバーが少なくなって、ものすごい世代交代をするチャンスだなと。新しいAKB48として歩きだすチャンスだと思うので、もう一度、AKB48が国民的アイドルになれるように生まれ変わってもらえたらいいなと思います。

―高橋みなみさんと先日食事をされて、何か話をしましたか?

北原
たかみなちゃんにも相談はしていて、ちょうど二日前にご飯して、明後日に言うことにしたんだ、って話をして、すごくタイミングも良いと思うって背中を押してくれたので、本当にたかみなちゃんとご飯に行けたことは運命的だと思います。自分が、卒業発表の時に日にちを間違えたとかで(笑)、恥をかいたので絶対に噛むなと言われました。