ビリビリしびれる花椒と唐辛子の辛みとチャーシューのうまみがベースの甘濃い醤油だれが一体になった、暑い夏にこそ食べたい刺激的なカップ焼きそば「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味」が2017年8月21日(月)から登場しています。1度食べるとやみつきになる醤油味の焼きそばということで、実際に食べてどんな味わいになっているのか確認してみました。

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味」(8月21日発売)

https://www.myojofoods.co.jp/news/6191.html

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味」のパッケージはこんな感じ。



原材料を見ると、ソースは魚醤を使った醤油ベースのものであることが分かります。内容量は164gで、そのうち麺は130g。



栄養成分表を見ると、1食当たりのカロリーは774kcalで、炭水化物は92.5gとかなり食べごたえがありそうなカップ焼きそばになっています。



というわけで、さっそく作ってみます。



容器の中にはふりかけ・ソース・マヨネーズが入っているので取り出し……



お湯を注いで3分待ちます。



3分経過したら湯切り口からお湯を捨て……



フタをはがします。



そして、まずはソースをかけて……



しっかりと麺になじませます。



続いてマヨネーズをかけて……



最後にふりかけをかけます。ふりかけを最後にかけるのが重要なポイント。



これで完成。ふりかけと麺を混ぜずに食べると、ふりかけに入っている花椒のビリビリしびれる辛さが良く感じられます。



チャーシューと魚醤のうまみが効いた甘濃い醤油だれに、香ばしいポークオイルと花椒オイルを合わせたソースが麺とよく絡んでいます。



具材はキャベツと豚肉。それほどたくさんは入っていません。



実際に食べてみると、花椒のしびれをしっかり感じられる好きな人にはたまらないであろう味わいです。ただし、赤唐辛子も入っているのですが、ソースやマヨネーズに負けており、辛さは感じるもののかなり弱め。ピリ辛以下の辛さなので、辛いものを求めている人からするとかなり肩すかしな味わいかも知れません。甘濃い醤油だれは花椒パウダーとの相性的抜群ですが、花椒を殺しすぎないひかえめな味わいとも言え、あくまで花椒ありきの焼きそばといった感じ。



最後の方になると花椒パウダーが麺と混ざってしまってビリビリしびれるあの独特の味わいはかなり弱くなってしまうので、「これでは物足りない!」という場合は自前の花椒を追加してもいいのかも。



なお、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味」の希望小売価格は税別205円です。