アーセナルのレジェンド・アンリ氏がスパーズに忠告「ビッグクラブになりたければ…」

写真拡大

▽アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、近年結果を残してきているトッテナムに忠告している。イギリス『サン』が伝えた。

▽マウリシオ・ポチェッティーノ監督就任以降、徐々にプレミアリーグでの順位を上げてきているトッテナム。昨季は2位でフィニッシュし、優勝したチェルシーを唯一最後まで追走した。ここ数年での成績は、アンリ氏も認めるところではあるが、同氏は独自の目線でトッテナムに忠告を送っている。

「まず、ダニエル・レヴィ(トッテナム会長)にフランス語で言いたい。『chapeau bas!(脱帽だ!)』良くやっている」

「私が知っている以前のトッテナムと今のトッテナムはかなり変化しているね。彼らは現在ビッグボーイたちとのダンスを楽しんでいるが、もしビッグクラブになりたいのなら、ビッグクラブのように振る舞わなければならない」

「私は自身の経験から、新しいスタジアムを立てる時、財政的に苦しいことは知っている。アーセナルでは何が起こった?! みんな出ていったよ!」

「現在カイル・ウォーカーはいない。ダニー・ローズもエリック・ダイアーも怪しい。もし他のクラブからのオファーに対抗できる給与を払えなかったり、タイトルをもたらすことができなかったりしたら、ローズやダイアー、ハリー・ケインやデレ・アリのような選手を留めておくことは難しくなる」

「トッテナムは素晴らしいスターティングイレブンを擁している。だけどどうだ、スカッドで見れば素晴らしいかい?」