ヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 米国ニュースサイト『ブライトバート』は、J1のヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの写真を同選手とは無関係なニュースに不適切な形で使用したとして、写真を削除して謝罪を行った。

『ブライトバート』は、モロッコからスペインへの不法移民をジェットスキーに乗せて渡航させるギャングが取り締まりを受けたというニュースを18日付で掲載。当初そこに使用されたのは、ポドルスキが2人乗りのジェットスキーの後部席に座って楽しんでいる様子の写真だった。

 英紙『インディペンデント』などが伝えるところによれば、ポドルスキの写真は2014年のブラジル・ワールドカップ期間中の休暇日に撮影されたものだという。もちろんスペインの不法移民とは全く関係のない写真だ。

 その後ポドルスキの写真は別のものに差し替えられ、ニュース記事には謝罪文が追記された。「ジェットスキーに乗った人物のイメージ画像だった。ブライトバートはポドルスキ氏に謝罪する。ポドルスキ氏が移民ギャングの一員であるという証拠も、移民として運ばれた人物であるという証拠もない」と同サイトは記している。

text by 編集部