レディー・ガガのワールド・ツアー開幕、全公演で約109億円の収益予想

写真拡大

 2017年8月1日に始まったレディー・ガガの【ジョアン・ワールド・ツアー】の最初の5公演の総収益が870万ドル(約9.5億円)だったことが分かった。

 同ツアーは8月1日にカナダ・バンクーバーで開幕し、今年の12月18日まで59公演が予定されている。内訳はアリーナ公演が53回でスタジアム公演が6回だ。最初の4公演はソールドアウトで、5公演で78,530枚のチケットが売れ、870万ドルの収益があったと大手ツアー・プロモーターのライブ・ネイションが米ビルボード・ツアー・チャート“Boxscore”に報告している。

 アリーナとスタジアム両方の収益見込みから、【ジョアン・ワールド・ツアー】のチケットは合計で100万枚売れ、総収益が1億ドル(約109億円)に上るだろうと米ビルボードが予測している。レディー・ガガの前回の【アートレイヴ:ザ・アートポップ・ボール】ツアーの総収益は74公演で8,300万ドル(約90億円)だった。

 レディー・ガガは2016年10月にリリースしたアルバム『ジョアン』を携えて北米と欧州を20週かけて巡り、他には9月にリオデジャネイロの【ロック・イン・リオ・フェスティバル】に出演する予定だ。