驚き…ネイマール、古巣バルセロナへの「暴露」が話題に

写真拡大

今夏、PSGに活躍の場を移したブラジル代表FWネイマール。移籍後2試合で3ゴールを叩き出すなど、早くも真価を発揮している。

そんななか、古巣バルセロナへの発言が話題になっているようだ。『Marca』などによれば、こう述べたという。

ネイマール(PSG FW)

「バルセロナのフロントについては非常に悲しいよ。

僕はバルセロナでとても幸せな4年間を過ごした。でも(首脳部とは)そうじゃなかった。

彼らはそこにいるべきような人々ではない。バルセロナはもっといいものに値するよ」

バルサでは幸せだったとしながら、フロントなどクラブ首脳との不和を吐露していたようだ。これも退団に繋がった理由だったのだろうか。