開幕戦で先制PK関与の長友を伊紙が称賛 「インテル退団説の雪辱を果たした」

写真拡大

左SBで先発出場、前線へのフィードがイカルディのPK奪取生む

 インテルの日本代表DF長友佑都が、現地時間20日のセリエA第1節フィオレンティーナ戦に左サイドバックで先発し、3-0の勝利に貢献した。

 イタリア紙は「インテル退団説の雪辱を果たした」と高評価を与えている。

 2011年初頭に名門インテルに加入して以降、絶えずレギュラー争いに巻き込まれている長友だが、新任のルチアーノ・スパレッティ監督の下でも戦力として計算され、開幕戦で4バックの左サイドバックとして起用された。そして前半6分にFWイカルディにフィード。このパスを起点にイカルディがエリア内で倒されて、先制点につながるPKをゲットした。

 先制点に関与した長友に、イタリアの一般紙は高い評価を与えている。「イル・ジョルナーレ」紙は、最高点となったイカルディの「7.5」に次ぐ「7」の高採点で、MFイバン・ペリシッチに並ぶチーム2位タイだった。

「彼のロングパスでPKを得て1-0に。ヴェチノにも彼が(パスを)供給したが、生かされなかった」

「前に出ても悪くない」と攻撃参加への評価も

「コリエレ・デラ・セーラ」紙も、「6.5」という合格点の評価だった。

「ダウベルトとの競争を制した。彼のロングパスのお陰で先制できた。インテル退団説の雪辱を晴らした」

 ニースからブラジル人DFダウベルトが加入した。昨季チームの失点に直結するミスが多かった長友は、今季キャンプ突入時には地元メディアで放出要員という評価が下されていた。しかしフタを開けてみれば、長友が先発の座を奪還。退団説に対してリベンジを果たすような活躍だったという。

「ラ・レプッブリカ」も、チーム3番目の「6.5」の評価。「前に出ても悪くない」と攻撃的な姿勢が評価されている。開幕戦で勝利に貢献した長友だが、安定したプレーで指揮官からの信頼を確実なものにしたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images