【詳細】他の写真はこちら



前回までのお話。



長い安静生活の中で、何も出来ない自分を責めてばかりいましたが、自分を責めるのを辞めて、笑顔になれる時間を増やしていくことにしました。そうすることで、みんなが笑顔になれることに気づいたからです。







遊びに夢中で、オシッコしたことに気づかないことが多かった長男を、この頃は抱きしめたくなる程愛しく思っていました。







もちろん(?)次男は、はじめから紙オムツです。あれだけ頑張って布オムツで育てた長男のトイトレは、1からどころか、0からのスタートで難航中。よく喋るようになった分苛立ちを感じることもありますが(笑)そう思えることが、とても幸せであることを忘れずに…私達のペースで成長していきたいです。次回につづきます。