ごはんが炊ける弁当箱 炊飯器代わりにも?

写真拡大 (全2枚)

 炊飯器は便利、チンできるお弁当箱も便利。ならば、合体版だ。生米からごはんが炊ける弁当箱、「サーモス ごはんが炊ける弁当箱(JBS-360)」が9月1日、サーモスから発売される。

 米を入れて洗い、水を容器本体の目盛の位置まで入れ、炊飯パーツを取り付けて電子レンジ500Wで8分加熱。加熱後は保温ケースにセットしてフタを付け替えて30分保温すれば完成だ。ステンレス製魔法びん構造の高い保温力で蒸らすから、浸水なしでもごはんが炊き上がり、そのまま保温できるから、ランチタイムにもあったかごはんを楽しめる。保温中は電気不要で省エネ。ひとり暮らしの炊飯器代わりにもなる。

 容量は1食分を想定した0.7合。カラーはブラックとホワイトの2色だ。希望小売価格は6,000円(税別)。