プレミア開幕2戦連発のマンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャル(左)

写真拡大

 今夏、マンチェスター・ユナイテッドを退団する可能性があったFWアントニー・マルシャルだが、開幕2試合でともに途中出場ながらもゴールを奪う活躍を披露している。チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督いわく、マルシャルを生まれ変わらせたのは3選手の存在があったようだ。

 英紙『メトロ』によると、マルシャルは今夏インテルへの移籍が噂されていた。理由としては、2シーズンもの間、マンチェスター・Uでフラストレーションが溜まる扱いを受けてきたからだという。しかし、プレミア開幕から2試合連続ゴールを決める活躍を見せており、モウリーニョ監督は「マルシャルの将来についてはきちんと話し合った」と明かしている。

「話し合いはポジティブなものだった。彼はポール(・ポグバ)、ロメル(・ルカク)と良いコンビネーションを築けている。我々のチームにはフランス語を話せるグループがあり、彼らに加えて(マルアン・)フェライニがいる」。マルシャルにとって、MFポール・ポグバ、FWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニの存在が大きいとした。

「もうすぐ彼は開花する予感がある。自信が育ってきているんだ。20分ほどの出場が2度あって、2ゴールを決めた。これは自信になるはずだよ」と期待を寄せた。


●プレミアリーグ2017-18特集