オーストラリア政府観光局は、2017年6月のオーストラリアへの日本人渡航者数が前年同月比7.4%増となったことを明らかにした。

オーストラリア政府統計局(ABS)による集計結果によるもので、6月の渡航者は21,700人だった。1月から6月までの上半期では、189,500人と前年比5.9%増で、下半期も堅調に増加することを見込んでいる。今年は50万人を目標としている。

時差が少なく安全な渡航先としてオーストラリアのイメージが再認識されていることや、4月にメルボルンにて開催された「世界のベストレストラン50」の積極的なプロモーションなどを通じ、質の高い食とワイン体験が観光の魅力の一つと認識されたことなどから、日本人の渡航者数が増加しているとした。

2016年のオーストラリアへの日本人渡航者数は8年ぶりの40万人を超えており、2020年までに70万人とすることをターゲットとしている。JATA夏休み旅行動向調査では人気ディスティネーションの第7位となり、ファミリー層からの支持が大きい。日本航空(JAL)の東京/成田〜メルボルン線への9月就航、カンタス航空の大阪/関西〜シドニー線季節定期便の12月就航などが追い風になるものとみられる。

オーストラリア政府観光局では、航空会社、旅行会社、州政府観光局とともに、デジタル、SNS、テレビ、交通広告、旅行会社店舗などでプロモーションを展開していく。