行列再現の様子(釜山市提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全6枚)

【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山市は21日、朝鮮王朝時代に日本に朝鮮の文化を伝えた外交使節団「朝鮮通信使」の行列再現を19日に山口県下関市で行ったと伝えた。

 朝鮮通信使は韓日友好の象徴。釜山市は2003年から歴史・文化観光都市、国際都市である釜山の認知度を高め、歴史文化観光商品を作るために毎年釜山と日本で朝鮮通信使行列を再現している。

 今年は5月に釜山の竜頭山公園をはじめ、市内一帯で朝鮮通信使祭りが開かれた。

 19日は、通信使に扮した約200人が下関の姉妹都市ひろばを出発するパレードを行った。

 朝鮮通信使行列を率いる正使は、釜山市議会の白宗憲(ペク・ジョンホン)議長が務めた。

 白議長は行列を終えた後に下関市の前田晋太郎市長と親書を交わし、釜山と下関両市の友好協力を約束した。

 翌20日には、下関市民会館で釜山と下関の文化芸術団体が参加する公演が開かれた。

 釜山市の関係者は「今回の朝鮮通信使行列をきっかけに釜山と下関の協力関係を強化し、韓日両国の友好醸成につながることを期待する」と述べた。