気になる彼に自分のほうを見てもらいたいと思うのって、普通のことですよね。でもいくらそう思っていても、駆け引きがなかなかうまくいかなかったり、肝心なところであと一歩が踏み出せなかったり……なんてこともよくある話。それに、気になる彼を振り向かせるため、恋愛テクニックのコラムを参考にしようと頑張ってみても、口下手ガールさんにはハードルが高すぎるってことも“あるある”です。
今回は、あと一歩を踏み出したいときにオススメの“ボディータッチ”についてのお話をしていこうと思います。「ボディータッチなんて恥ずかし過ぎる!」と思うかもしれませんが、安心してください! ハードルが低めのものをチョイスしてありますから。

ボディータッチをする上でのポイントは?

「ボディータッチをされるとどう思うのか?」ということについて、筆者の知り合いの男性複数人に聞いてみたところ、やはり「ドキッとする!」と答えた人がほとんどでした。ただ、度を越したボディータッチ(脚や腰を触るなど)は「え? オレと遊びたいってこと?」と思ってしまうということなので、そうでない場合はなるべく避けたいところです。
それではさっそく、ハードル低めのボディータッチのポイントを詳しく確認していくことにしましょう。

・ “さりげなさ”がポイント!

実は、シャイガールさんでも気負わずできるくらいの“さりげなさ”がボディータッチを成功させるポイントです。相手の身体に触るというのは、どうしても警戒されやすい行為でもある……というのがその理由。特に相手が草食系男子だった場合、触られたことによる警戒心はMAXに……! しかし、“別になんとも思わないくらいのさりげなさ”で行うことで、警戒されることもなく、しかし身体に触れられた特別感だけを感じさせることができるというわけなんですね!

・ “不意打ち”がポイント!

相手が油断している隙をついて、不意打ち攻撃を仕掛けましょう。どんな人でも、不意を突かれるとついドキッとしてしまうものです。この不意打ちのドキッと感が、あなたを意識してもらうためのキッカケになれば作戦成功というわけです。

・ “優しくタッチ”がポイント!

もちろんですが、ボディータッチはソフトタッチが基本! どこぞのオバチャンじゃあるまいし、バシバシ叩くなんてナンセンスすぎます〜。

ボディータッチのベスト部位は?

・ 王道ですが、やはり“腕や肩”がベスト!

脚のようにいやらしさを感じさせることがなく、さりげなくボディータッチをすることができるのが腕や肩なんです。それでも「やっぱり手で触れることには抵抗がある」というシャイガールさんには、「見せて〜?」などと相手の前にまわり込んで、わざと肩と肩を軽くぶつける方法がオススメ! さりげないのに、物理的に相手との距離を詰めることができるのでドキドキ感は薄れません!!

いかがでしたか? さっそく上記のテクニックを駆使して、気になる彼をドキドキさせちゃいましょう!