グアルディオラ監督が選手たちを鼓舞「お互いに競い合わなければ」

写真拡大

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がチームを鼓舞した。21日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 プレミアリーグ優勝を狙うマンチェスター・Cは、ここまでイングランド代表DFカイル・ウォーカーなど、注目度の高い契約に成功している。グアルディオラ監督も「長いシーズンのためにベストチームを築こうとしている」と話し、現チームに自信を見せていた。

 一方で、同監督は「幸運なことに、選手たちは各々の出番が約束されていないことを理解している。11人のメンバーに入るためには、お互いに競い合わなければならない」とコメント。選手同士で切磋琢磨するよう鼓舞した。

 実際に、12日に行われたプレミアリーグ開幕節ブライトンでは、ドイツ代表MFリロイ・ザネとイングランド代表MFラヒーム・スターリングが先発出場の機会を逃した。クラブが新たな選手を獲得する可能性もあるため、ポジション争いは今後ますます激化していくと予想されている。