メッシの”偽9番”に活路求めるバルサ新監督 「彼をあの役割で使えるのはアドバンテージ」

写真拡大

”MSN”解体でバルベルデ監督はメッシのCF起用を選択

 バルセロナは20日、本拠地カンプ・ノウで行われたベティスとの開幕戦で2-0の勝利を収めた。

 昨季まで「MSN」と呼ばれた最強3トップを擁したが、今夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは先日のスペイン・スーパーカップで右膝を負傷し、全治4週間の離脱を余儀なくされた。この事態を受けて今季就任したエルネスト・バルベルデ新監督は、最強3トップで唯一の生き残りとなったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを「偽9番」としてセンターフォワードに配置する戦略を選択し、活路を見出そうとしている。

 バルサは3トップの中央にメッシを配置し、左にFWパコ・アルカセル、右には昨季後半戦をACミランで戦い、今季レンタル先のエバートンから復帰した下部組織出身のFWジェラール・デウロフェウが入った。メッシはシュートをゴールポストに阻まれる不運もあったが、ピッチを自由に動き、デウロフェウらチームメイトと連動し、チャンスを作った。試合はメッシやデウロフェウの活躍により、2-0でバルセロナが勝利している。

「我々が現在検討している可能性の一つだ。メッシに偽の9番役として動いてもらうことで、サイドでパコとデウロフェウのスピードを生かそうというものだ」

 スペイン紙「マルカ」によると、バルベルデ監督はこう語ったという。ジョゼップ・グアルディオラ元監督時代にメッシが果たした「偽の9番役」こそが、現状の打開案だという。センターフォワード一番手のスアレスが離脱したことで、圧倒的な個人能力を誇るメッシを中央に配置することで活路を見出したいという。

「ネイマール移籍で選手層を失った」

「我々はプレシーズンにも試した。全体的に我々は良かったし、試合も支配できた。メッシをあの役割で起用できることを証明したと思っている。対戦相手に全ての手法を伝える必要はないが、彼をあそこで使えるのはアドバンテージだ。ポジションと状況次第だが、誰もが攻撃に参加する自由がある。多くの選手にゴールできる位置まで到達させることが目的だ。様々なポジションでそれは実現できたと思う」

 指揮官はこの日のチームのパフォーマンスに満足感を示す一方で、ネイマール不在で手薄になったベンチの状況を嘆いている。

「我々はネイマール移籍で選手層を失った。選手層を再び厚くしなければ…。正しいポジショニングでお互いを助け合うことが大事だ。守備を組織しなければいけない」

 8月31日に閉幕する移籍市場で、バルサは補強に成功し、チームを強化できるのか。今季の命運を左右する数日間になることは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images