北九州対藤枝の一戦で今季2度目の“海ポチャ”! 海のボールパーソンが出動

写真拡大

 19日に行なわれた2017明治安田生命J3リーグ第19節、ギラヴァンツ北九州対藤枝MYFCの一戦で、今季2度目の“海ポチャ”があった。Jリーグの公式Twitterが、その模様を動画で伝えている。

Jリーグ海ポチャ第2号🌊✨
サポーターも見守る中、ミクスタでは海のボールパーソンが船でボール回収に向かいました🛥👏@Giravanz_staff#giravanz #kitakyushu#Jリーグ pic.twitter.com/UtETSAELUB— Jリーグ (@J_League) 2017年8月21日

 57分、藤枝DF平石直人が右足で大きくクリアすると、ボールはそのまま海へ。今季からミクニワールドスタジアム北九州を本拠地として使用する北九州は、ホームゲームにて北九州市漁業協同組合長浜支所より、海への人転落対応とボールの“海ポチャ”対策を目的として漁船を1隻停泊させている。ボールはその後、無事に回収された。

 この試合をスタジアムで観戦したJリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんも、自身のTwitterで「Jリーグ2回目の海ポチャも見ることができました!ゴールが決まった瞬間と同じようなスタンドの歓声!凄かった!!」と投稿している。

https://twitter.com/sato_miki626/status/899105322274496512