使いきれなくて残っているスペースが、家の中にはいっぱいあります。その無駄をなくせば、収納はまだまだ増やせるのです。

写真拡大

「狭い家ではモノを捨てないとダメなの?」と暗い気持ちになりがち。でも、捨てる前に収納を点検してみてはいかがでしょう。

戸棚を開けてみると、ポッカリと空いたスペースが手つかずのままになっていることも。家のあちこちにある未開拓スペースを収納し直したら、「あ〜ら、こんなにしまえた!」と明るい気持ちに切り替わります。

1.空きスペースがなくなるグッズ

頻繁に出し入れを繰り返している戸棚というのは、見慣れているだけに無駄な使い方をしていることに気付きません。たとえば、洗面台の下やキッチンの流しの下など、もともと棚がついていない収納場所。最初にしまったときのまま、手を加えずに使い続けていることがほとんどです。

仮に同じ数の持ち物をしまうとしても、上下を2〜3層に分割できるグッズを使うだけで、思った以上にたっぷりと収納できます。また、下駄箱や食器棚で、高さの違うモノを同じ段にしまうときにも、ラックがあると便利です。
上:脚付きのラックは100円ショップで買える 下:組み立てラックはホームセンターで。工具なしですぐに作れる
洗濯機のまわりでも収納が不足しがち。洗濯洗剤や角ハンガーなど、置いておきたいモノが意外と多いので、片付けにくくなります。
左:トイレの便器の上にも設置できる。トイレットペーパーやタオル収納に。右:一番上のパイプにはハンガー掛けができる。(IKEA立川店)
市販の洗濯機ラックにはいくつか種類があるので、どれにしたらいいのか決めきれずにゴチャついたままというケースも。選ぶ時のポイントは、幅と高さが調節できて、窓がある場所でも邪魔にならないフレームタイプ。また、フレームの脚部が洗濯パンという枠の中に収まるサイズにすると、ラクに設置できます。

2.置ける場所が増やせるグッズ

水廻りのように、収納の中にあるパイプが邪魔になるといった場所ではラックを使います。一方、普通の戸棚では突っ張り棒を使うと簡単。パネルが付属しているタイプにすれば、棚板と同じように使えます。
重たいモノをしまうときには、突っ張り棒の耐荷重を要確認
戸棚内の両側に穴があって、棚受け具が取り付けられるタイプであれば、ホームセンターで棚の幅に合わせて板をカットしてもらうといいでしょう。棚板同士の間隔を、モノの出し入れに支障がない程度のギリギリまでつめてみると、数段分増やすことができます。3段が6段になったら2倍にUP。下駄箱や食器棚で試してみましょう。

家中を見回すと、収納に使える場所がまだ残っています。

3.未利用のドアと壁が使えるグッズ

「家が狭いから収納は増やせない」と諦めていませんか?

収納家具を部屋に置くと、さらに狭くなるのは確かです。特に、キッチン、洗面所、玄関のようにスペースの限界が分かっている場所では、どうやって収納を増やすかというと、垂直面を利用します。たとえば収納扉の裏側。100円ショップにある粘着フック、メッシュパネルとバスケットを利用すると、扉が小物を吊り下げたり入れたりすることで収納を増やすことができます。
ウォールポケットを吊り下げて細々したモノを収納してもいい
キッチンや洗面所には大小様々な道具がたくさんあるので、扉裏以外の場所でも収納を増やしたいところ。

限られたスペースの中で残っているのは壁面です。そこで利用したいのが、壁掛けフック、タオル掛け、引っ掛けタイプのラック、S字フック。こうしたグッズは、100円ショップでも手に入ります。壁にネジ止めしたくない場合は、ホームセンターや通販をチェック。床と天井に突っ張るだけで設置できるパネルなら、有孔ボードと同じように使えます。
有孔ボードやパイプを使って吊り下げ収納。UR賃貸×東急ハンズのコラボ物件より(金沢シーサイドタウン)
玄関の場合、片面だけでも壁が残っていたらラッキー。廊下のように幅の狭いスペースであっても、引っ掛け収納ができるフックを取り付けましょう。
下駄箱を置くとしたら右画像のような薄い収納がお勧め。ポケットに差し込むようにして靴を立てて収納するといい。(IKEA船橋店)
玄関に外出用のコート、帽子、バッグを掛けておけたら、寝室のクローゼットには他の服をしまうことができます。さらに、壁の下のほうにタオル掛けを付けて、そこに普段履きの靴を引っ掛けておくと、下駄箱には別の靴がしまえます。こうして、1点2点と着実に収納数を増やしていく、地道なやり方もおろそかにはできません。

4.ミッチリ無駄なく埋めつくせるグッズ

最後に、今ある引き出しや棚のスペースを使い切るためのグッズを見つけましょう。それには、寸法をきっちり採寸することが欠かせません。そして、そこにしまいたいモノに合った収納ケースをリサーチ。そして、大きさと数を計算しながら、ちょうどいいケースを割り出します。
上:フタは円形で本体は角型。下:同メーカーのものはサイズに規則性があって組み合わせやすい
ケース選びをする際にもう一つ大切なことは、サイズ違いで揃えることができるかどうか。同じ場所で大小のサイズの組み合わせができると、しまいたいモノとしまうスペースとの調節がしやすいからです。

また、ケースは四角い形状のものにすると、スペースに無駄なく収めることができます。とは言え、1ミリの誤差もなく収まるようなグッズが見つかるとは限りません。それでも、ケースが揃っていることで、余ったスペースにはデコボコがないので、そこにも別のケースを当てはめることができます。

収納を増やしたいからと言って、ただ詰め込むだけでは出し入れしにくくなります。そうなると、そこは収納として機能していないデッドスペースと同じです。使い勝手の良さと収納の増量が両立できる。そんなグッズを上手に活用しましょう。
(文:すはら ひろこ)