レヴァークーゼン、ベンダーが肋骨負傷も大事に至らず 次節は欠場濃厚

写真拡大

 レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFスヴェン・ベンダーが肋骨を負傷した。21日付のドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 ベンダーは18日に行われたブンデスリーガ開幕節バイエルン戦に先発。しかし、28分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのひざが肋骨に入り負傷。途中交代を余儀なくされ、46分にオーストリア代表DFアレクサンダル・ドラゴヴィッチと代えられていた。

 報道によると、ベンダーのケガは軽く、肋骨の打撲のみですんだようだ。長期離脱の恐れも伝えられていたが、レヴァークーゼンにとって胸を撫で下ろす結果となった。また、26日の次節ホッフェンハイム戦の出場について、クラブ側は「打撲は相当な痛みが伴う」とし、欠場の可能性を示唆している。

 1−3の敗戦を喫したバイエルン戦後、ドイツ代表FWユリアン・ブラントは、「プレー自体は良かったから、チームの自信につながった。これをうまく活かしていきたい」と語り、チーム状態の良さを主張していた。