ニュージーランドは「スタバ」が少ない!でもそこには懐かしのアレが…

写真拡大 (全3枚)

世界各国どこにでもある「スターバックス」といえども、イタリアにはいまだ1店舗もなく、オーストラリアでは撤退が報道されたり、イギリスも少なめだったりします。そして、同じイギリス圏のニュージーランドも、スターバックスの店舗はとりあえずあっても「とても少ない」のが実情です。

例えば、ニュージーランドの大都市・オークランドで、中心部にあるスターバックスはたった1店舗。メインストリートに面した場所にはあるものの、1店舗だけとは寂しい限りです。地元の若者や観光客はスターバックスを目指してやって来るので、いつもけっこう混雑しています。

ニュージーランドのスターバックスに行って気づいたのが、スターバックスのシンボルマーク「サイレン」が旧バージョンであること。日本ではほぼ見かけなくなった旧バージョンのサイレンが、ニュージーランドではまだまだ健在なのです。

そして、ニュージーランドらしいメニューといえば「マフィン」がありました。スターバックスのマークが入っていて、これはスタバファンにはうれしいところ。味の種類もいくつかあって、1個あたりけっこう大きいのでボリュームもあります。1人で食べるとお腹いっぱいになるかも。

オセアニア名物の「フラットホワイト」も、スターバックスのドリンクメニューに入っています。

ちなみに、どの店舗でもメニュー表はすべて「日本語併記」です。ニュージーランドで日本人の利用が多いのでしょう。

ご当地マグカップは、オークランドとウェリントンのみ。タンブラーはその他いくつかの都市があったものの、やはり全体的に少なめです。あと、オークランドの空港などにもスターバックスはないので注意しましょう。

Starbucks
http://www.starbucks.co.nz/

(Written by Alice)