「焼きそば」をベチャッとさせないコツ?三戸なつめが麺料理に挑戦

写真拡大

三戸なつめと田中要次が親子役で『きょうの料理ビギナーズ』(Eテレ、21:25〜)に出演。8月21日(月)から24日(木)の4日間「バツ江のスパルタ夏めん塾」と題して、“恐カワ”ばあちゃんバツ江(声:佐久間レイ)が夏の定番麺4品の作り方をスパルタ形式で教える。

番組は、脱サラし、麺料理専門の“古民家カフェ”を開くという父(田中)と、包丁の持ち方すら知らない娘(水戸)のところへ、バツ江がやってきて、親子に料理の特訓をする……というドラマ仕立てで進行。21日の第1回は、「冷やし中華」。薄焼き卵、ハム、きゅうり、トマトなどの具は、バラバラの形に切るのではなく、細く切るのがポイント。そうすることで、麺とからみやすくなるのだ。

また、22日の第2回の「ソース焼きそば」では、仕上がりをベチャっとさせないためには、炒める順番がポイントだという。まずは麺にしょうゆやごま油で下味をつけ、軽く押し付けながらじっくり焼く。こんがり焼き色がついたら取り出す。次に豚肉を炒め、最後に野菜……といった具合だ。ほかにも、第3回「トマトパスタ」、第4回「そうめん」の作り方を伝授。ちょっとした工夫で美味しく仕上げることが出来るので是非マスターしてみては?