東京・日本武道館で開催した『清水翔太LIVE TOUR 2017“FLY”』のもよう

 シンガーソングライターの清水翔太が8月12日と13日に、東京・日本武道館で『清水翔太LIVE TOUR 2017“FLY”』をおこなった。6月28日にリリースされた7枚目のオリジナルアルバム『FLY』を引っさげ、6月12日のZepp DiverCity Tokyoを皮切りに8月20日の大阪城ホールまでおこなうというもの。アルバム曲を中心にアンコールでは予定していなかったデビュー曲「HOME」をピアノ弾き語りで披露するなど、高ぶる感情を解放し熱唱。翔太は「日本の音楽シーンをもっと面白くして行きたい」とこれからの展望を語った。13日の公演の模様を以下にレポートする。

今日凄い歌を歌っちゃうかもしれない

清水翔太

 超満員の日本武道館。ステージには幕が張られツアータイトルが投影されていた。開演時刻を過ぎると、オーディエンスから“翔太コール”が巻き起こるなかBGMのボリュームが上がり暗転。オープニングムービーが幕に映し出され高揚感を煽っていく。ムービーが終了すると幕が落ち、翔太が一段上がったステージ後方に登場。大歓声のなか、「Sorry Not Sorry」でライブはスタートした。会場はグッズのブレスレットの光で美しい光景が広がり、翔太のシルキーでありながらもエッジのあるエネルギッシュな歌声で満たしていく。

 ライブをやっている時の楽しさを描いた「FLY」、2ndアルバム『Journey』収録の「CREAM」と3曲を終え、翔太は会場の盛り上がりに「今日凄い歌を歌っちゃうかもしれない」と宣言。「ここから飛ばしていくから、この熱量を維持したまま行きたい」と投げかけ、9枚目のシングル「YOU&I」を披露。類い稀なる歌声は武道館を包み込んでいく。「今日のことを思い出せるように一緒に歌いましょう」と「ナツノオワリ」、ニューアルバム『FLY』から「FIRE」と夏を感じさせてくれる楽曲で紡いでいく。

 翔太は「みんなのおかげで楽しく進んでます。一人ひとりとハグしたいくらい」と今の心境を述べ「みんなが大合唱してくれたら嬉しい」と「Because of you」を届けた。オーディエンスもその翔太の想いを受け止めるかのようにシンガロング。続いて、「花束のかわりにメロディーを」ではピアノ伴奏でソウルフルに歌い上げる翔太。オーディエンスも静かに佇み、ステージから届けられる歌声に耳を傾けていた。ここで一旦ステージを後にする翔太。

 ダンサーたちによるパフォーマンスを挟み、衣装をチェンジした翔太が再びステージに。グルーヴィーな「ANIMAL」、「いつもBlue」に続き、ヒップホップ・クルー・KANDYTOWNのIOとYOUNG JUJUをスペシャルゲストに招き「Drippin' feat. IO, YOUNG JUJU」へ。2人のクールなラップで楽曲をミックスアップしていく。

 続いて、翔太がソファーに座りリラックスした雰囲気の中、「夢がさめないように」を、姿こそは見えないが、隣人に語りかけるように歌い上げていく。ステッキを持ったダンサーたちも合流し楽曲を彩っていった。

またここに帰ってこれるように

清水翔太

 MCでは「ベストアルバムを出した頃から、今度は自分の音楽で恩返ししたいなと思うようになった。『まだまだ清水翔太いけるじゃん』ってみんなの期待に応えられるように、最高の時間を過ごせるように、またここに帰ってこれるように頑張るから...」と決意とともに「My Boo」を未来へ向けた強い志とともに放つ。楽曲の持つパワーによって、会場とステージが一つになっていく感覚を与えてくれた。続いて、美しいブルーのグラデーションのライティングが目を奪った「Damage」で本編を終了した。

 アンコールに応えステージに舞い戻ってきた翔太。「君が好き」ではオーディエンスを指差し<君が好き♪>と告白するかのように歌唱。オーディエンスもその翔太からのメッセージを受け取り、恍惚の時間を過ごす。

 翔太は今日の盛り上がりのお礼にと、予定にはなかった楽曲を披露することに。楽曲はデビュー曲の「HOME」を自身によるピアノの弾き語りで熱唱。エモーショナルな歌声にオーディエンスも一緒にシンガロングで一つになっていく。歌唱を終了すると翔太は水を一気に飲み干し「燃え尽きた...」と一言。それほど熱の入った1曲だった。

 ここで上京してきた当時のことを振り返る。「自分の才能で天下を取る。日本の音楽シーンをもっと面白くして行きたい」と強い決意を打ち明け、アウェイにいる人たちへの応援ソングでもあり、自身の10年間をぶつけた「Tokyo」を歌い届けた。途中しゃがみこんでしまう翔太。涙を拭う姿がスクリーンに映し出される。感情が目一杯詰まった歌に、会場の誰もが心を揺さぶられた。

 歓声が巻き起こる中、「夢の続き-Interlude-」をバックに「今日一人ひとりに伝えたいことがたくさんあったけど、全部伝えられました。また武道館に帰ってきます!」とこの場所に戻ってくることを約束し、『清水翔太LIVE TOUR 2017“FLY”』東京公演の幕は閉じた。

【取材=村上順一】

東京・日本武道館で開催した『清水翔太LIVE TOUR 2017“FLY”』のもよう 清水翔太 清水翔太 清水翔太 清水翔太
清水翔太 清水翔太 清水翔太

セットリスト

01.Sorry Not Sorry
02.FLY
03.CREAM
04.YOU&I
05.Feel Good
06.ナツノオワリ
07.FIRE
08.Because of you
09.花束のかわりにメロディーを
10.DANCER PART
11.ANIMAL
12.いつもBlue
13.Drippin' feat. IO, YOUNG JUJU
14.夢がさめないように
15.My Boo
16.Damage

ENCORE

EN1.Impossible
EN2.君が好き
EN3.speechless
EN4.HOME
EN5.Tokyo
EN6.夢の続き-Interlude-