めちゃくちゃ怪しいんですけど…男が言いがちな「浮気の言い訳」

写真拡大



浮気をしているときは、男性もバレないようにと色々な言い訳を並べたりするものです。


その言い訳にだまされてしまうと、まんまと言いくるめられてしまうので、注意してくださいね。


そこで今回は、男が言いがちな「浮気の言い訳」を紹介します。

■1.「相談に乗っていただけだよ」

「女の子とふたりでいたことがバレちゃった場合は、『相談に乗っていた』で乗り切るしかないですね。それが一番うまいことごまかせる方法だと思います」(28歳/男性/飲食)


会社の同僚や同じ学校の女性と飲みに行っていたりした場合、「ただ相談に乗っていただけだよ」と言い訳する男性は多いです。


そう言われてしまうと、女性もそれ以上はなかなかつっこみようもないでしょう。「困っている人がいるのに…」と言われてしまうと、ぐうの音も出ませんからね。


ただ、もし本当に相談に乗っていただけだとしても、相談から恋愛関係に発展するケースはとても多いので、やはり注意はしておくべき。
相談に乗るときは、2人きりになる可能性も高いですからね。

■2.「しつこく言い寄られてさ」

「申し訳ないですけど、相手の女性のせいにして逃げちゃうことが多いですね。自分から言い寄ったわけではないと、彼女には説明するようにしています」(26歳/男性/WEBデザイナー)


恋人との関係を終わらせないようにするためであれば、男性は相手の女性を悪者にすることもあります。
「しつこく言い寄られて仕方がなかったんだよ」と、相手に強引に迫られたという形にしたりもするかも。


あくまでも「自分には全くその気がなかった」ということを強調して、なんとか逃げたいというのが本音なのでしょう。とはいえ本当だとしても、断らない彼に責任があるということですから、しばらく注視しておいたほうが良さそう。

■3.「俺のことを信じられないの?」

「あんまりしつこく疑われると、思わず『俺を信じられないの?』って逆ギレしちゃったりもしますね。これを言うと、彼女もおとなしくなってくれたりもするので…」(28歳/男性/メーカー)


浮気を疑われたときに逆ギレをしてくるような男性は、最も注意すべき男性です。


「そんなに俺のことが信じられないのかよ」と怒ることで、相手にそれ以上の追及をさせないようにもしているのかも。まるで疑っている女性の方が悪いかのように、言いくるめようともしているのでしょう。


勢いに負けてしまうと、思うツボになってしまうだけですよ。

■4.「本当に大事なのはお前だよ」

「大事なのはお前なんだということで、なんとかうやむやにしちゃおうとするかも…。細かく追求されちゃうと、こっちも全く逃げ道がなくなるんで、勢いで乗り切ります」(31歳/男性/美容師)


「あくまでもただの遊びで、本当に大事なのはお前なんだ」と言うことで、なんとか許してもらおうという言い訳パターン。


でも、本当に大事に思っているのであれば、そもそも浮気なんかしないはず。


言い訳をする際に愛情表現をしてくる男性は多いですが、そこでだまされてしまうと、また同じことをくり返す可能性も高いので、きつくお灸はすえておくべきでしょう。

■おわりに

「浮気の言い訳」はちゃんと見抜けるようにしておかないと、男性にいいように遊ばれてしまいます。


論点をずらしたりすることが多い場合は、怪しさもかなり高くなるので、そこはチェックしておきましょう。 (山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)