インスタグラムに投稿される、不自然なほどにデジタル修正されたセルフィーにはもう飽きた、という人必見。なんと型破りなセレブ7人が自身のコンプレックスや欠点を自ら披露。セルライトからぽっこりお腹まで、加工&修正なしの自撮り写真をチェックせよ!

デミ・ロヴァート

ボディポジティブムーブメントをサポートするデミは、サイギャップ(太ももの隙間)がなくても気にしない。ラテン系ならではのカーヴィボディが彼女の武器。

Phuckkk yo thigh gap.... 💋💋💋 #latinacurves

A post shared by Demi Lovato (@ddlovato) on

アリアナ・グランデ

一見普通のセルフィーだけど、よく見るとスウェットに「I have no tits(私は胸がない)」の文字が。さらに「#でも実はちゃんとある」「#嘘ついてないよ」「#小さいけど完璧なの」などのハッシュタグをつけ、胸の大きさよりも自分の体を好きになることの大切さをファンに伝えた。

クリッシー・テイゲン

アメリカのトーク番組『ザ・メレディス・ヴィエイラ・ショウ』に出演したクリッシーは、自身のインスタグラムに肉割れの画像を投稿したことについて、次のようにコメント。

「本物の身体がどんな身体かみんな忘れつつあると思う。インスタグラムにアップされるセルフィーは、身体のラインにまで修正を加えられている。そんな現実離れした完璧な女性は実際にはいない」

Bruises from bumping kitchen drawer handles for a week. Stretchies say hi!

A post shared by chrissy teigen (@chrissyteigen) on

アシュリー・グラハム

ポジティブなボディイメージを広めているアシュリーは、デコボコのセルライトも堂々と披露。さらに「私は運動もしているし、食事にも気をつけている。自分の身体が大好きだし、デコボコのセルライトがあっても気にしない。だからあなたも気にする必要はないわ」というメッセージを添えた。

エイミー・シューマー

コメディアンのエイミー・シューマーは、「太っている」と批判するネット荒らしを黙らせるためにご自慢のヒップをパシャり。「#ついでにセルライトもお披露目」というハッシュタグでファンを笑わせた。

タイラ・バンクス

ベルトの上にはみ出した贅肉を意味する「マフィントップ」。タイラは「モデルだってお肉ははみ出る」ということを自ら証明した。

Check the juicy muffintop on my back! #AssMaintainence #PerfectIsBoring

A post shared by Tyra Banks (@tyrabanks) on

ズーイー・デシャネル

アメリカのシットコム『New Girl/ダサかわ女子と三銃士』で主演を務めるズーイー。彼女がアップした「#ノーメイク」画像が「#加工なし」なのは、目の下のクマを見れば一目瞭然。そんな自然体な彼女もかわいい! と評判。

Good morning! #nomakeup #nofilter

A post shared by Zooey Deschanel (@zooeydeschanel) on

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Cosmopolitan UK