インテルのイカルディ、2得点で勝利に貢献「とても満足している」

写真拡大

 セリエAの開幕節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでフィオレンティーナと対戦し3−0と快勝した。

 先制点を含む2得点を決めたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが試合後に『インテル・チャンネル』のインタビューに応えた。

 インテルの主将を務めるイカルディは「映像で見たけれど、ヘディングで決めたゴールはとても素晴らしかったね。素晴らしいプレシーズンを戦い、そして訪れた勝利にとても満足している」と自らの2点目を自画自賛し、チームの勝利を喜んだ。

 そして、今シーズンから初めて導入されたVARについては「サッカーをよりクリーンなものとして助けてくれるはずだ。審判もまた時間の経過と共に、決断が早くなることだろう」とポジティブに考えていることを明かした。

 さらに「今日、スパッレッティ監督から敵陣深く進入するように求められた。そして、長友からの素晴らしいロングフィードで得たPKのようにそれが何度も見られていた。我々は素晴らしいグループだ。勝利すれば、ミスも笑える」とコメント。

 続けて「今日のゴールは家族に捧げる。常に私のそばにいてくれる。明日からは次節のローマ戦に向けて考えたい。代表戦が行われる前のとても重要な一戦だ」と語り、ローマ戦に向けての意気込みも語った。

 次節インテルは、26日にアウェイでローマと対戦する。