画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マクドナルドは8月21日、「マックなのか? マクドなのか? おいしさ対決!」キャンペーンの結果を発表した。同キャンペーンは、マクドナルドの愛称をかけて、東京を中心とした「マック軍」と、大阪を中心とした「マクド軍」に分かれ、それぞれの個性を発揮した商品を販売。ツイッター上で「マック軍」「マクド軍」および各商品名が入った「ツイート」「リツイート」数を測定し、その数が多い方が勝利するというもの。

○関西圏を中心とした「マクド軍」が勝利!

4日〜20日の間に測定を行った結果、「マクド軍」の方が勝利となった。その勝利を祝して、8月22日より「優勝セール! クーポン」を配布。クーポンによって、「大阪ビーフカツバーガー」は単品で税込90円、バリューセットで税込140円、「大阪ビーフカツマフィン」は単品で税込50円の割引となる。

クーポンは、同社公式アプリと公式Twitterより配信する。配信開始時間は、「大阪ビーフカツマフィン」が5時、「大阪ビーフカツバーガー」が10時30分。商品が売り切れになった場合はその段階で終了する。

また同社は、「マクド」を愛称とする地域が関西圏中心の少数派とのことで、その「マクド軍」が勝利したことを称えて、ホームページの一部を「マクド」仕様に変更すると発表。8月22日11時より展開されるという。