講演する森氏

写真拡大 (全2枚)

 ジャーナリストの森健氏は7月、韓国・釜山の中高生と対話するために当地を訪れた。「ジャーナリストレポート・釜山の若者との対話」。最終回となる第3回はいよいよ合宿での質疑応答である。

 * * *
 韓国・釜山にある出版社「インディゴ書院」と釜山広域市の教育局の主催によるカルチャー教育の合宿「ユースキャンプ2017」。

 私が呼ばれた講演は7月7〜8日と14〜15日の2回。キャンプ全体の目標が「希望」だったが、14歳から16歳の中高生が関心を抱けそうな日本への関心事で大きいものはやはり東日本大震災とのことで、「震災と中高生」というテーマになった。

 時間はいずれも90分。本来講演では質疑応答は10~15分というケースが一般的だが、今回は50分を質疑応答の対話にあてることにした。

「たしかにそのほうが、子どもたちも興味がもてるかもしれないですね」

 市の教育局の課長もそんな案に前向きだった。

 だが、始めてみると、その出だしはひっくり返りそうな質問が飛び出した。

 誰か質問したい人は手をあげて──。司会のスタッフが声をかけて、手があがったのは5人ぐらいだった。初回の講演は19時スタートで、夕食の後というスケジュール。壇上から200人のほどの14歳を眺めていると、眠たそうな顔も多かった。

 そんな中、ホールの真ん中あたりに座っていた男子生徒を指すと、彼は丁寧にお辞儀をし、お話おもしろかったです、と言って、こう続けた。

「ところで、森さんは慰安婦問題をどう考えていますか」

 いきなりその問題から来るとは想像していなかった。

 会場の生徒もざわざわとなったが、ここで詳細な議論をする余裕もない。そこで、かつて日本の軍隊が心ないことをして、同じ日本人としては申し訳ないと思っているが、早く解決できればと思っている──そう答えると、男子生徒は「わかりました」と、わかったような、わからないような無表情で応じた。

 その後数人、被災地の現状や子どもたちのその後について質問があったのち、また、テーマとは異なる質問が寄せられた。今度はメガネをかけた真面目そうな女子生徒だった。

「森さんは、ハシマ問題をどう考えますか」

 ハシマ……聞いたことがあるが、何のことだったか。文字が浮かぶのに数秒かかった。

 思い出した。端島──軍艦島のことだ。

「あなたの言っているのは、軍艦島の強制徴用の問題?」

 尋ねると、女子生徒はうんうんと頷いた。またも政治問題だった。

 一昨年のユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産登録とそれに伴う外交問題にからめて答えようとすれば、やや難しい問題だった。そこでこう答えた。韓国や朝鮮の人にとって世界遺産の登録に異論があることは知っていますし、日本はそうした批判の声に耳を傾けないといけないと思います──。この夏、韓国で公開された虚実が入り混じった映画『軍艦島』の影響もあったのかもしれない。頭の悪い外相答弁のようなコメントだったが、その応対に、女子生徒もやはりわかったような、わからないような無表情で頷いていた。

 この質疑後、主催の司会者はやや焦りながら「あのー、今回のテーマに関係のない質問は控えてくれますか」と呼びかけた。すると、その手の政治的な質問はなくなった。

 その後は、自分だったらどのように災害を受け止めるか、被災後の生活を自分ならどのように過ごすかといった話をする中で、初回の講演は幕を閉じた。

「おかしな質問が出てしまって、すみません。もうちょっと言っておけばよかった」

 インディゴのスタッフはすまなそうにそう私に言ったが、とくに悪いことだとは思わなかった。

 実際、彼ら中高生も私に対して、ネガティブな感覚で聞いていたようではなかった。講演後に行ったサイン会では、上記の質問をした男子生徒、女子生徒も参加したうえ、「お話聞けてよかったです」と明るく声かけもしてくれた。そこで思ったのは、彼らにとって、日本と韓国が相互に関係する少ない情報の一つが慰安婦や軍艦島だったのだろうということだ。

 サイン会のさなか、彼らから尋ねられたのは、「どんなマンガが好きですか」「どんな歌手が好きですか」といった中高生らしい質問だった。そして、そのレベルの問題として、彼らがもっていた情報が慰安婦と軍艦島だったように聞こえた。

 だとすれば、むしろこちらのほうこそ、もっと彼らの意見を聞くべきだったように思った。

 その翌週の14〜15日、今度は16歳の子たち──今度は500人近くいた──との対話は、実り多きものだった。

 この週のテーマは「正義」。そこで出したのは、東北の被災地で起きてきた各種問題だった。沿岸に高さ15メートル級の防潮堤を設置すべきか問題、地域での集団移転をする際での津波被災地近くで復興すべきか、それとも津波に関係のない内陸部にすべきか問題、原発に伴う慰謝料はいつまで続けるべきか問題……。いずれも「正しい解」がない悩ましい課題で、立場によって「正義」が変わる難しい問いだった。

 だが、その難しい問いだったからこそ、逆に、この回は挙手が絶えないほどの盛り上がりとなった。こちらが背景の事情を説明したうえで、どう判断するのがよいのかを問いかけた。すると、続々と手が挙げられ、意見が縷縷述べられる。そこで議論は終わらず、異なる意見をもつ生徒も挙手をし、反対意見を述べる。その意見が語られている間にも、さらなる挙手が行われる。議論はおおいに白熱した。

 実際、彼らの提言や意見は非常に的を射たものが多かった。

 原発被災で慰謝料をいつまで続けるべきかという問いでは、生活を慰謝料に頼り続けることは労働意欲の問題としてもよくないのではないかという意見があるかと思えば、別の子は、そうした慰謝料は数年かけて段階的に下げていくのがよいのでは、というアイデアを出す子もいた。また、津波被災地に地域移転をすべきかという問いでは、津波被災の可能性が残るところに住むべきではないという意見が多くありながらも、元いた地域に愛着がある年配世代を無碍にもできないだろうという意見も少なくなかった。どの意見も、しっかり自分の頭で考えたうえで出された「答え」ばかりで、登壇者である私は途中からファシリテーターのようなスタンスになっていた。

 この熱い議論の様子に、釜山の教育局の担当者は目を丸くして感銘を受けていた。一連のキャンプの講演の中でも、もっとも議論が盛んだったという。こんなに意見が出るなんて予想外ですよ──。終演後、担当者は興奮気味にそう話していた。

「彼ら自身、こんなにしっかり意見を述べられるなんて、自分に驚いているんじゃないですかね」

 そんな教育局担当者の意見に、インディゴのスタッフで季刊誌「INDIGO」の編集長、パク・ヨンジュンは、もしそうだとすれば一番の成果じゃないですかと応じていた。

「もともとこのキャンプは、経済格差などでふだんあまり認められていない子たちが集まっているものです。でも、うまく議論を促せば、しっかりと地に足の着いた議論ができるし、ひいては進学などの希望にもつながるかもしれない。その可能性に気づいただけで彼らは自信になったと思いますし、大きな成果になったと思いますね」

 もとよりこのユースキャンプは、インディゴのスタッフが変わりゆく釜山の姿とそれに伴う経済格差の拡大という変化を実家する中で企図されたものだった。豊かな経済と光り輝く繁栄で見過ごされる若者たちにどう目をかけるか。

 その意味で、当初の目的は十分達せられていたように感じた。

「希望」をもつためにどうすればよいか。講演のたびに最後はその話題に触れたが、そこで語ったのは新しい世界と正確な事実の確認に触れていくことだった。そして、そのためには、手元のスマートフォンなどインターネットを駆使するのがいいと話した。

「それが一番お金がかからず、新しい世界を開いていく方法なのは間違いないと思います。自分が興味をもったり、話してみたいと思った人にはどんどんコンタクトしてみるといいし、そうして新しい人と出会うことで必ず人は成長します。実際、それを実践しているのがインディゴの人たちでもあるからです。ぜひ参考にしてみてください」

 そんな言葉で彼らも拍手で応えていた。そのネットの感覚には少なくない実感があったのだろう──そんな気がした。

 実際、そんな想像はけっして遠くはなかったようだった。

 二度目の講演を終えて、日本に帰りつくと、筆者のfacebookには「友達申請」が山ほど寄せられていた。

(終わり)

《森健氏プロフィール》
1968年1月、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中からライター活動をはじめ、科学雑誌、 経済誌、総合誌で専属記者を経て、フリーランスに。2012年『「つなみ」の子どもたち』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2015年『小倉昌男 祈りと経営』で第22回小学館ノンフィクション大賞の大賞を受賞。2017年、同書で第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞を受賞、ビジネス書大賞2017で審査員特別賞を受賞。