戦国武将の子孫たちが集結(右から徳川氏、小早川氏、大谷氏、石田氏。撮影/塩原洋)

写真拡大

 ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。

 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌・週刊ポストは「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫たちを招聘した。

 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。

 ところが、開始予定時刻になっても徳川氏が現われない。慌てた本誌記者が徳川氏の自宅に電話をするとまさかの本人が出た。

「失礼! てっきり私の家(都内高級住宅街の徳川邸)で開催するものだと思い込んでおりました」

 と大御所っぷりを発揮した。予定時刻の30分前からスタンバイしていた西軍・石田氏の表情は険しいものに。結局、徳川氏は40分遅刻して、皺ひとつないスーツ姿で涼し気に登場。

「いやぁ。家で手紙を書いておりましてね。遅刻をしてしまいました。ハッハッハ」と冗談を言い放ち、会場は一気に和やかな雰囲気となった。

 家康は関ヶ原の戦いの直前、出陣を急がず江戸城にこもって各方面に手紙を送り、状況の把握や西軍の将に内応を打診した。この“根回し”が合戦の勝敗を決めたと言われている。徳川氏は先祖の有名なエピソードを引用して、自身のミスを笑いに変えた。

 その悠々とした様には数々の知略によって天下を手にした“狸親父”の血脈が窺える。

※週刊ポスト2017年9月1日号