コンディションの良さを強調するインテル長友 「常に頭にあった」代表戦へ気合十分

写真拡大

スパレッティ監督からの高評価に感謝 「貢献したい気持ちがある」

 インテルの日本代表DF長友佑都が、リーグ開幕戦の本拠地フィオレンティーナ戦に先発出場を果たした。

 前半6分にFWマウロ・イカルディの先制PKを誘発するパスを供給するなどの活躍を見せた長友は、戦力外や先発落ちの可能性を報じられながらも、スタメンで起用したルチアーノ・スパレッティ監督からの信頼に感謝。8月31日に控えるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦を控える日本代表への情熱を高ぶらせていた。試合はインテルが3-0で勝利している。

 今季開幕までインテルでのキャリアが危ぶまれることもあった長友だが、不死鳥のように蘇った。チームはニースからブラジル人DFダウベルトを獲得したが、スパレッティ監督が先発で起用したのは長友だった。

 そして前半6分、早速見せ場が訪れる。最終ラインでボールを受けた長友は、ドリブルで相手をかわす。そして、ハーフウェーライン付近から右足で前線にフィード。これを胸トラップで受けたイカルディが相手に倒されてPKを獲得した。これを自ら決めて、チームに今季初ゴールが生まれた。

「イカルディも何回も裏(のスペース)に走って、僕もボールを出していた。相手はプレッシャーに来ていた。(フィオレンティーナを率いる)ピオリ監督はプレッシャーに来るということを、僕らも知っていた。逆にイカルディとは、裏を狙っていこうというところで連携が取れていた。3回ぐらいそういう場面はありましたね」

レスター岡崎の活躍にも「刺激をもらった」

 フィオレンティーナのステファノ・ピオリ監督は、昨季インテルを率いていただけに、その戦術的な特徴を選手たちも熟知していたようだ。本拠地サン・シーロに名門復活を期待する5万人以上の観衆が詰めかけるなか、長友は新監督からの信頼を実感したという。

「プレシーズンマッチも相当いいサッカーをしていた。バイエルン、チェルシー相手にいいサッカーをして勝っていた。監督も評価しているということを、メディアで語ってくれている。今日の試合も先発で使ってくれる。そこは一定の評価を感じる。貢献したい気持ちがある」

 昨季は不安定な守備によって、チームの失点に関与するシーンが目立っていた長友だが、今季初戦では確かな手応えを得ているようだ。そして26日の次節ローマ戦後には、W杯出場権獲得を懸けた日本代表の2連戦が待っている。

「プレシーズンマッチもほぼスタメンで出た。コンディション的にはすごく良かった。今日も出ればコンディションは良いし、やれるなという気持ちは、自分の中でもあった。代表はオフの時から常に頭にあった。離れない」

 開幕2戦連続ゴールを決めたレスターFW岡崎慎司の活躍にも「刺激をもらった」と語る長友。「これから厳しい戦いが始まる。自分さえコンディションを上げていければ、しっかりと練習していれば、最終的には(先発で)残れると思います」と語る表情には充実感が漂っていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images